ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
MAKOTO KUBOTA featuring the Asian Muses「アルケミスト・ダイアリー」

想像力を掻き立てられる、洒落たタイトルだなと思います。
何年か前に、図書館で気になって借りたのですが改めて借りてきました。
正直、内容については隣に並んでいた「カフェ・メコン」との違いも思い出せないのですが。

で、久しぶりに聴いてみて連想したのは同じく久保田真琴が手掛けたアンビエント系ハワイイ・ミュージックのアルバム「Aloha Therapy」でした。
本作はインド・中国〜東南アジア各地の音をメインとしたチャンプルーですが、どちらもアンビエント系に調理した点が共通してるのかも。

この久保田真琴という人は、思えば僕の音楽遍歴の中でも奇妙な存在感を持っている気がしてきます。
最初は「ハイサイおじさん」の人であり、次にはサンディ&ザ・サンセッツであり、そして「Aloha Therapy」や本作…ポップ・チャートというか、メイン・ストリームから少しズレた方向に目を向けると姿を現すような感じで。
大抵はワールド・ミュージックというよりもエスニック寄りな方向の交差路でキョロキョロしてると、何故かその辻に立っている…謎の水先案内人ですかね?笑

解説書の対談で「ヴィンテージ系機材でアナログに録ってからプロ・トゥールスに焼く」とか「デジカメはアナログ・カメラと方法論が違ってくる」的な発言があり、それもまた想像力を掻き立てられました。


関連記事:【最近聴いたCD】「ボン・ボヤージュ! ベトナム」| 2009.04.25
0
    | music | 2011.07.11 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top