おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
オーネット・コールマン「世紀の転換」

'59年に録音された本作は「ジャズの名盤百選」とかいうと大抵は入ってる、世にフリー・ジャズを知らしめた革新作とか評されたりしてる印象があります。
でも素人耳には、何が衝撃的だったのか今ひとつ分かりかねるのですね…。

彼のサックス歴はR&Bバンドから始まり、しかし“コード進行を頭から追い払った上でインプロヴァイズする”というひらめきに魅了されてしまいます。
やがて出会った理解者の一人がネナ・チェリーの父ドンであったり、MJQジョン・ルイスパーシー・ヒースだったりして表舞台へと押し上げられました。
本作の半年前に吹き込んだ「ジャズ来るべきもの」に続く本作、パーソネルは前述のドン・チェリー(tp)ら気心知れたメンツです。

すっかり解説書の丸写しで恐縮ですが、本作に流れる革新的なアプローチとは一体どんなものでしょうか?
“メロディを支えるコードの動きで曲を前に進めていくのではなく、自分の中から湧き出るフレイズを撒き散らすことによってインプロヴァイズしていく”
…確かに、それを言ったら音楽として成立しなさそうな斬新さは感じますね。
演奏者がソロを取る場合には(コード進行の枠内でまとめる)といった発想になると想像するのですが、一斉に即興演奏するとしたら何を基準に音を連ねるものなのか見当もつきません。

でも結局は素人なので(あぁ、インプロ主体のジャズですね)って違和感なく聴けてしまえるのです。


・・・と思ったら、以前にも聴いてたんですね!笑→【2009.10.05|最近聴いたCD】


関連記事:【最近聴いたCD】セシル・テイラー「ルッキング・アヘッド」| 2013.02.24
0
    | music | 2011.07.14 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top