ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
スフィアン・スティーヴンス「ジ・エイジ・オブ・アッズ」

「ミシガン」から8年、前作「イリノイ」から6年…'10年にリリースされた新作は(アメリカ全州アルバム化計画)とは関係ない、アウトサイダー・アートにインスパイアされた作品集になりました。

サウンドもフル・アコースティック路線から一転、全面ローファイ気味のエレクトロ系です。
声や曲調に彼らしさは感じられますし、これはこれで悪くはないと思うのです。

ですが(こんだけ間が開いた上に他の州は放置かよ)っていう気持ちと、アウトサイダー・アートに対する捉え方の違和感に手放しで評価できないんです。
アウトサイダー・アートに美を見出だす事は分かるのですが、作家性を持ち出すのは(違うんじゃない)と。
魂の叫びとしてはロック的で理解できても、アートとしての意図がなければアートではないのです。
つまり作品自体の芸術性云々ではなく、鑑賞する行為がアートではないかと。

それと、故人であるロイヤル・ロバートソン本人に確かめようもないにしても、ご存命なら(他人の褌で相撲を取ってる)と言われても仕方ないような気もするのですよ若干。
一方的といいますか、訳詞を読んだ印象では充分な尊重が感じられないのです。
原作者に関しては無知ですし、訳詞の読み込みが浅いのかもしれませんが…。
せめて裏テーマにしておけば、表立って“アウトサイダー・アーティストをリスペクト”とか公表しなきゃ好かったのになぁ〜?
0
    | music | 2011.07.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top