ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだマンガ
柴門ふみ「東京ラブストーリー」上巻

TVドラマは観てました、でも主役の男女と主題歌だけしか思い出せませんが。
何故かバイトの休憩中に観て全員どよんとしてた、20代の夏の午後の気分。笑

こうして原作を読んでも、ドラマの記憶は戻らず。
ただし赤名リカへのシンパシーはドラマの比ではありません、当時の僕に理解力が欠けてたのか演出上のバランス修正なのか…。

地方から出てきた永尾、三上、関口にとっては劣等感を煽られる場所だったり非難場所だったりする都市。
アフリカにアイデンティティーを持つ赤名も同じく東京フォリナー、いやパリのアメリカ人Englishman in N.Y.状態?
一見チャラい三上も、振り回し女の赤名も、今の僕には理解できるんです…少なくとも、彼らと大差ない年齢だった頃よりは。
目に余る言動も巧みな描写で辻褄が合っていて、永尾や関口よりも生傷の絶えない不器用な性格なんです。

そして赤名の攻撃性と裏腹な自己否定に、東京どころか日本全体の異常さを感じてしまったりも…(根拠のない数字ですが)100年ぐらいかけて染み込んだ毒に適応して耐性を身に付けた僕らじゃ見えないけど。
別に自国を卑下するのでなしに、この窮屈さに合わせて生きる意味を問いかけられている気がするのです。

赤名は気付いていなくても、無垢な気質が心と体にアラートを発しているような…屈託なく奔放に見える彼女を取り巻いてきた嫉妬や羨望や拒絶や依存はキリストの受難のようでもあり。


下巻
0
    | comic | 2011.07.28 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top