おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近行ったところ
東京国立博物館

大型台風の通過中なら空いてるだろうし、上野ならウチから近いから…という訳で、開催中の「空海と密教美術展」を観てきました。(←リンク先は東京国立博物館の特別展示ページ)

もっと豪雨を期待してたのですが、朝起きたら小雨が降ったり止んだりで、会場に着くと似たような発想の人たちやテレビ局の取材が来てたりしましたが。
晴れ間が見えてからの混み具合からすれば、早めに来て正解だったようです。

現代美術以外ほとんど関心を持たない僕が宗教美術とは、自分でも意外ですが。
理由の一つは先述のように(空いてそうだから)で、もう一つは前の週に相方と日比谷公園に行った時に彼女が空海の話をしていたのを思い出したからでした。
そこで2週続きの外デートにかこつけて、さりげなく彼女に空海ガイドを振りつつ出掛けてきた次第です。

ついでに北大路欣也ナレーションの音声ガイドも借りてみました、これは気分を盛り上げてくれますが(ないよりは有った方が良い)程度でしたね僕には。笑
基礎知識ないのでピンポイントな解説されてもね、そもそも有難がってないし。

基本的に空海の時代からは巻物メインで、仏像や宝具は弟子の時代の物でした。
相方に言わせると「これだけ持って来れただけでも奇跡」だそうで、キュレーターに対して「すんごい頑張ったと思うよ!」と絶賛しておりました。

平安時代の書物が墨痕黒々と保存されていたのは驚きでしたが…ま、細かい話は改めて「最近みたアート」にて。

〈東京国立博物館〉関連記事:
【最近みたアート】「空海と密教美術展」| 2011.08.02
【最近行ったところ】「海の道 ジャランジャラン」展| 2018.09.22
【最近行ったところ】「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」| 2018.10.29
【最近みたアート】「マルセル・デュシャンと日本美術展」| 2018.10.30
0
    | visited / plan | 2011.07.30 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top