ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近の初体験 >>
最近読んだ本
筒井康隆「W世界の少年」

「筒井康隆 SFジュブナイル セレクション」全5巻の一冊で「細菌人間」を底本とした'10年の刊。
本書も先日の「星新一 ショートショート セレクション」同様、大きめの活字で子供向けの編集です。
といっても本来がジュブナイルですから、対象年齢に相応しい形なのです。

収録作品は「10万光年の追跡者」「四枚のジャック」と表題作の3編、どれも未読作品でした。
それこそ星新一以上に筒井作品(特に断筆宣言以前)は読破した気でいた僕にとって、こうした未読作の存在は沽券に関わる気分にさせられるのです。
いくら底本が'00年の出版とはいえ、これらの収録作品は他の筒井ジュブナイル同様に70年代に書かれたものでしょう。
という事は、あの時代のハチャハチャ系ツツイ作品にも未読作が残されているのかもしれませんな…そう思うと楽しみです!

で、本作。
ジュブナイルといっても「時をかける少女」などより対象年齢は低いですね、というか今時のませた子供には対象年齢を大幅に下げないと通用しないでしょう。
あまりにも荒唐無稽で、半端に知恵のついた子供は批評家気取りのあら探し以外に興味を示さないかと。
大人になると、また逆に新鮮なんですけどね…。
純粋な子供向け空想読本…こういった作品も大真面目に取り組み、決して大人にしか分からない茶々を入れたりはしない著者の姿勢が僕は好きです。


〈筒井康隆〉関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近読んだ本】筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」| 2009.08.15
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「七瀬ふたたび」| 2010.03.12
【最近読んだ本】筒井康隆「近所迷惑」| 2010.05.25
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「出世の首」| 2013.03.28
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
【最近読んだ本】筒井康隆「旅のラゴス」| 2014.04.14
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(上)」| 2016.03.08
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(下)」| 2016.03.15
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16
0
    | books | 2011.08.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top