おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
奈良行博「中国の吉祥文化と道教」

サブタイトルに「祝祭から知る中国民衆の心」とあるように、著者が実際に見聞した庶民の催事から中国文化の一側面を考察するフィールドワーク的な本です。
'11年の出版で、いくつかの大学での講義資料をまとめた内容との事。

道教とは(土着信仰の混沌とした集積)であり、老子の唱えた「道」とは似て非なる思想体系…個人的にはそういった印象です。
仏教伝来以前から現在に至るまで、多岐に渡る日本の風習に名残を留めている事、核となる教義を持たない一貫した現世利益志向、ヒンドゥーのような多神教でありながら崇める対象は伝説的な人間…といった俗っぽさを知るほどに謎が謎を呼ぶ、道教

しかし本書は、そういった興味を満たしてくれるものではありませんでした。
中国庶民の冠婚葬祭に根付いた道教的な解説(数や色の意味合いや同音異義語の語呂合わせ)に終始していて、それはそれで面白く読めましたからOKですが。
そして著者の認識では(道教=宗教)らしく、出家派(全真教)と在家派(正一教)は仏教の大乗と小乗のようで、更にフリーランスの散居道士が行事の手配一切を仕切るなどリアル道教は謎また謎の様相。

鬼の角と虎パンは鬼門の方角「丑寅」から、赤や青の肌は死体の膨張や変色からのイメージだとか…中国の鬼にはないケガレの象徴?
それと祝祭日とは本来、神道の誕生を祝う日と死者を祭る日だったそうです。
本当に日本って国は、日常レベルで伝統や風土が失われてしまったのだなぁ。


関連記事:【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13


〈中国〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだマンガ】久保田千太郎(作)、久松文雄(画)「秦始皇帝」上下巻| 2009.09.22
【最近読んだマンガ】和泉かねよし「二の姫の物語」| 2009.06.25
【最近読んだマンガ】松本剛「北京的夏」| 2010.03.13
【最近みたDVD】「古代建築博物館」| 2010.05.15
【最近読んだ本】ケレン・スー「ふるさとのパンダ」| 2010.06.06
【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
【最近読んだ本】加藤四季「お嬢様と私」3巻| 2010.07.10
【最近読んだ本】奥平卓+大村益夫(訳)「[中国の思想]老子・列子」| 2010.07.18
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近読んだ本】杉原たく哉「いま見ても新しい 古代中国の造形」| 2014.09.23
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近みたDVD】「スキップ・トレース」| 2018.03.14
【最近読んだ本】宮城谷昌光「重耳 (上)」| 2019.05.10
【最近行ったところ】「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」展| 2018.10.29
0
    | books | 2011.08.15 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top