ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
デイブ・グルーシン「ナイト・ラインズ」

'02年リリースの「GNP 20th Anniversary Collection」、中身は'84年の再発。
本人とエンジニアの連名であるGNP(グルーシン・ローゼン・プロジェクト)レーベルより、自身の名義で発表した楽曲から選りすぐった10曲を収録。

今回は、勝手に「聴き比べ!ボブ&デイブ」と銘打って、80年代フュージョン界の巨匠2人に耳を傾けてみようという企画です。
デイブ・グルーシンといえば「恋のゆくえ〜フェビュラス・ベイカー・ボーイズ」のサントラで初めて知ったのですが、映画音楽も数多く手掛ける才人らしい。
片やボブ・ジェームスといえばアール・クルーとのコラボ盤などでも有名ですが…そのギタリストを見出だした人こそデイブだったという意外な繋がりが!
両人ともプロデューサー気質の鍵盤奏者ですが、聴き比べてみるとデイブの方はサウンド的にアウトです。
シンセ・ドラムか打ち込みかは分かりませんが、これが80年代臭キツ過ぎ!
それはキーボードの音色にも言えるのですが、フレージングも含めてとにかく終わってるんです。
むしろボブのアルバムの方が、CMとかで流れても抵抗感が少ない気がします。

曲想としては悪くないんですがね…なんて何様発言に我ながら身のすくむ思いですが、本当に聴けない。
ある意味、80年代特有のクリスタルなキモさが凝縮されたタイム・カプセル。


関連記事:
【最近聴いたCD】「恋のゆくえ〜ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」サウンドトラック| 2016.04.21
0
    | music | 2011.08.16 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top