ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
水木しげる「劇画 近藤勇 星をつかみそこねる男」

ちくま文章より'89年に発行、初出は不明。
著者あとがきによると、昭和34年頃に調布で暮らした時(勇はむしろ、調布の芋畠で芋を作りながら、天寿を全うしたほうがよかったのかもしれない)と思った事から構想が生まれた。
未開発だった当時は勇の道場と称されるものも残っていて、幕末の面影を色濃く感じさせる農村だったそうだ…まさに隔世の感だが。

ところで水木漫画といえば、人物に対する濃密な書き込みの背景…のっぺりとした人の浅さと対比させるかのようなアンバランスさが世に潜む闇を感じさせる。
無意味に我の強い不穏な背景が水木漫画を素直に楽しめない理由だったが、その点に関して本作は何故か気にならなかった。

非常に個人的な意見ではあるが、本作は自分が読んできた幕末物の漫画や小説が霞むほどの良作である。
著者が時代物を得意とするとは聞いた事がないし、多少は史実の不確かな想像で描かれているに違いない。
それに、これまで読んできた他の幕末物から得た知識あってこその面白さなのだとも思ってはいるのだ。
しかし桜田門外の変が攘夷思想の契機とされる経緯や鳥羽伏見の戦いなどを疑似体験させる説得力、芹沢鴨の異常性や黒幕歳三の策士ぶりを描写する生々しさは、時代の生き証人かのような印象を著者に覚える。

所詮は大局の見えぬ烏合の衆だった新撰組に抱いていた嫌悪感を拭い去るだけの魅力は、恐らくは著者の「星をつかみそこねる男」という視点によるのだろう。
古良き幸せを望んだ男たちが時代に翻弄され自滅してゆく姿は、新時代を手中にした薩長の抜け目ない小心者に比べれば痛々しく滑稽だがひたすらに清々しい。
終幕、道化回しの小六に語らせる“結局人間は 生きている限り 意味もなく めったやたらに うごめいていなきゃ おさまらねえんだ”という無常観が武家社会の終焉に響く。

関連記事:
【最近読んだ本】大泉 実成「水木しげるの大冒険2 精霊の楽園オーストラリア」| 2008.01.21
【最近読んだマンガ】水木しげる「水木しげるのノストラダムス大予言」下巻| 2010.11.26
【最近読んだマンガ】水木しげる「戦記短編集 幽霊艦長 他」| 2014.05.04

〈幕末〉関連記事:
【最近読んだ本】司馬遼太郎「全集 五 竜馬がゆく(三)」| 2007.07.01
【最近読んだ本】石黒敬章「石黒コレクション 幕末・明治のおもしろ写真」| 2008.03.07
【最近読んだ本】大宅壮一「実録・天皇記」| 2008.12.23
【最近読んだ本】ニコライ「ニコライの見た幕末日本」| 2010.01.24
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近読んだマンガ】渡辺多恵子「風光る」6巻| 2011.11.09
【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」1巻| 2010.12.27
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「合葬」| 2012.05.25
【最近読んだマンガ】V.A.「新撰組 沖田総司 煌の残像」| 2012.10.01
【最近みたDVD】「銀魂 新訳紅桜篇 劇場版」| 2015.08.09
0
    | comic | 2011.08.20 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top