ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
池上永一「やどかりとペットボトル」

「パガージマヌパヌス」「ぼくのキャノン」と続けざまに僕をノックアウトしてくれた、日本ファンタジーノベル出身の沖縄文学者による'06年のエッセイ集。

巻末の初出一覧によると「1 キッズ・ア・オールライト」は'96〜8年に掲載された幼児期の回想(でも半分はネタ)が18話。
「2 青春とはなんだかんだ?」の思春期エッセイ9話と「3 家族の肖像」の家族ネタ12本は'97年から'05年に掲載された。
「4 オキナワン・ライフ」25話も'96〜'05年の地元ネタで「5 閑居な作家」21話は'02〜05年の掲載分に'95年のエッセイに関する書き下ろし後日談を加えた作家生活の日々にまつわる雑記。
そのほとんどが「保育専科」誌と共同通信から配信された「月動説」の連載で、特に'05年の「月動説」に極端に集中しているのは裏がありそうで興味深い。

幼児期の話は、ネタを交えなければヘビーな内容が多く、僕が腹を抱えて笑った話も三児の母となった妹に読ませたら予想外に不快な顔をされてしまって…。
僕の笑い所は社会的に問題があるのではないか、この作家のセンスは案外に好き嫌いが分かれるのかもしれないと冷や汗をかいた。

また沖縄の歴史や現状に対する認識は著者と意見を異にする部分が多く、一枚岩の総意など沖縄人にも東京者にもないにせよ埋めようのない溝の深さを考えさせられたりもした。
だが美食家でない僕も紀宮様ミシュランは気になる。


関連記事:
【最近読んだ本】岡本敏子(編)「岡本太郎の沖縄」 | 2009.01.28
【最近聴いたCD】V.A.「沖縄そば屋さんのBGM」 | 2010.08.13
【最近聴いたCD】中田悟「中田悟 自然音シリーズ 伝説の島 沖縄」 | 2011.09.06
【最近読んだ本】田口ランディ「ドリームタイム」 | 2012.03.07
【最近読んだ本】『科学朝日』編「モンゴロイドの道」 | 2012.11.04
【最近読んだ本】恒川光太郎「夜市」 | 2013.04.09
【最近読んだ本】宮城篤正(監修)「すぐわかる沖縄の美術」 | 2013.04.12
0
    | books | 2011.08.24 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top