ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やってるゲーム | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
安野モヨコ「監督不行届」

この「監督」とは、著者の夫である庵野秀明の事に他ならない。
それは著者名とタイトルを見た瞬間に分かっていたのであるが、まさか結婚と同時に連載していたとは知らなかった。
初出は'02〜04年、単行本化の書き下ろしを加えた本書の初版は'05年。

庵野のヲタクっぷりは予測を超えた真性で、一応は創作といえど結構ガチ。
対して、これまで岡崎京子フォロワー路線で都会的オシャレ少女を描いてきた筈の安野も実は根っこが軽オタだった事を本書でカムアウトしており(レディコミで誰が読むんだ)と首を傾げてしまう位に超マニアックな夫婦ギャグ漫画にファンの期待は大きく裏切られたであろうと想像する。

若干リアルな庵野「カントクくん」と赤ちゃんキャラ化した著者「ロンパース」によるオタク愛、過去の絵柄も作風も捨て去った勇気には感嘆する(が、そこまでしなくても…とも思う)。
更に巻末の、オタ知識に乏しい読者には読んだところで意味不明な用語解説がまた(オタによるオタのためのウンチク)といったオタ的な書かれ方で強烈な振り切れ感が。
ちなみに「カントクくん全身図解」という、もはや特撮ヒーロー好きしか笑えない定番ネタまで仕込まれ。
清々しいほどの逆ギレ(いや順ギレかな)、という言葉が相応しい一冊。

作中に描かれる松尾スズキ監督作「恋の門」ネタで、観に行ったものの忘れていた内容を思い出した(というか著者も出てたのね)。
本書で大笑いしたのは、食事シーンでカントクくんが食べてる擬音。
“わっしょいわっしょい”
ここだけは、まったく他人とは思えなかった!笑


関連記事:
【最近読んだマンガ】安野モヨコ「ベイビーG」| 2009.06.18
【最近読んだマンガ】安野モヨコ「オチビサン」1巻| 2012.04.05
【最近行ったところ】MOT「館長 庵野秀明 特撮博物館」| 2012.08.29
0
    | comic | 2011.08.26 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top