ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近行ったところ >>
最近読んだマンガ
いしいひさいち「ヒラリー・クイーン 大統領への道」

これだけの政治風刺が著者に描けるなら、相撲に煩い金髪の4コマ漫画家(やくみつる!やっと思い出した)は最初っから要らなかったのでは?と思いました。
'04年に出版された本書の初出時期は不明ですが、ヒラリーの夫であるフリチントンが大統領だった時のネタも含まれていますので'01年の911事件に前後する数年の掲載作でしょう。
正直、今となっては(へー、そうだったんだぁ)とか(そうだったねぇ)てな感じではありますが、単なるネタ捜しではなく情報収集されて描かれたんだなぁと感心してしまいました。

タイトルはエラリー・クイーンをもじっただけのようで、登場人物に関してはフリチントンを除いて実名で描かれています。
悪党面のゴア、いかにも策士なライス…しかし後半大活躍のブッシュJr.のバカ面が一番笑えますね!

というかブッシュJr.政権は気の毒な位、ネタに事欠かない時代だったのですなぁ…。
笑えない話を転化する政治ジョークは、その性質からキツい笑いになりがちですが、ブッシュJr.という南部のオッサンをキャラに活かすだけで恐ろしいほど中和されてしまうのですね…無論そこは著者の力量あってこそ、なのですけど。


〈いしいひさいち〉関連記事:【最近読んだマンガ】いしいひさいち「フン!」| 2009.03.04

関連記事:
【最近読んだ本】ノーマン・メイラー「なぜわれわれは戦争をしているのか」| 2013.01.03
【最近読んだ本】「マイケル・ムーアへ ――戦場から届いた107通の手紙」| 2013.03.19
0
    | comic | 2011.09.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top