ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 昨日の脳内BGM >>
最近行ったところ
「ルパン三世展」

こういうのに行けちゃうんだ自分、丸くなったなぁと思ったりしましたよ…。
数年前ぐらいなら、相方の誘いに怒涛のウンチクぶちまけてたのではないかと。
今年は“放映40周年”だそうで…なんて、その半端な数え方も昔ならイラッときてたところですが。

年がバレちゃいますけど「旧ル(青ジャケ)」が始まったのは僕が幼稚園入園の年で、そんな物心ついた頃から「新ル(赤ジャケ)」終了までの十余年をドップリ浸かってきたものでね。
日テレ、徳間、双葉社などが出してたムック本やサントラ、劇場主から貰ったポスターなど当時の十代前半にしては結構なコレクターだったと自負してました…はい、そりゃあもう小っさい過去自慢です。笑

そんな訳で、展示資料やパイロット・フィルム上映などに目新しさはなく、ですが手放してしまった書籍類に再会したような大らかさで鑑賞できました。
不細工すぎてどの作監バージョンか分からない等身大フィギュア(特に飾り窓の不二子)を見て笑いつつも、こういう流れで公式設定とか統一化されたら厭だな…なんて不安を抱いたり。
30年も経ってるのに若い人が「カリ城」語るとか、思いもしませんでしたよ。

相方によると空間デザインは何故か祖父江慎だそうで、しかし原作と「旧ル」前半(いわゆる大隈時代)多めで意外と「カリ城」控え目な配置はクッジョブ感。
しかし銀座松屋って、ゾーヴァでも思ったけど…見事な商魂の嗅覚だよなぁ。


関連記事:【最近みたアニメ】「LUPIN the Third 峰不二子という女」1〜5話| 2014.06.18
0
    | visited / plan | 2011.09.02 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top