ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近の初体験 | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
穂村弘「絶叫委員会」

筑摩書房のPR誌に'06〜09年に連載された名言エッセイと、それに先立ってテスト的に掲載された3編を収録した'10年の単行本。

名言集的なもの…といっても著者の切り口ですから、碑文に刻まれ星霜の重みに磨かれてきた言葉などではありません。
まさに生モノ的な、著者が耳を疑いながらも釣り込まれてしまったような魔性の響きを考察する内容です…といっても小難しさは皆無。
ただしハッとします。
これまでのエッセイみたいな下から目線ではありませんが、穂村節は健在です。

「舞台に立って声を出すと、その第一声が、思いのほか細く聞こえたりするんだよ」や「あとは現場をみてから考えましょう」といった、経験が語る名言。
「子供の頃、一緒に住んでたおじいさんのことを十歳だと思ってた」という数学的発想、また「ひも状のものが剥けたりするでせうバナナのあれも食べている祖母」という短歌にみる可視化と名付けの相関性。
今もどこかで生まれては消えてゆく「ひでぶ」クラスのオノマトペ、若さに収斂されがちな女性の美を一言で圧倒する「八千草薫の例がある!」、キリンの首の嘘っぽさと戦国武将の会社経営という本気、飲食店の「テレビで紹介されました!」、うっかり下手なこと言えない時代の「最大級」や「手打ち風」、定型的慣用表現の正解、美容室の洗髪席で繰り返される問いかけ…「かわゆいところはございませんか」「ご一緒にポテトも如何ですか」。
一番最後のは僕の思い付きなので無視してください。


関連記事:【最近読んだ本】穂村弘「いじわるな天使」| 2007.09.21
     【最近読んだ本】穂村弘「本当はちがうんだ日記」| 2007.09.23
     【最近読んだ本】穂村弘「世界音痴」| 2007.10.04
     【最近読んだ本】穂村弘「現実入門」| 2007.10.08
     【最近読んだ本】穂村弘×寺田克也「車掌」| 2009.02.23
     【最近読んだ本】穂村弘「にょっ記」| 2009.10.03
     【最近読んだ本】穂村弘「にょにょっ記」| 2012.09.14
0
    | books | 2011.09.11 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top