ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
石川純一「宗教世界地図」

本書は'93年の単行本に加筆して'97年に文庫本として出版された。
10年ほど前にも僕は「民族世界地図」という本と一緒に本書を読んだ気がするが、まるで記憶に残っていないので確信が持てない。
下手な国内の問題よりも関心が高い割に、ちっとも理解が進まないのだ。

とにかく90年代末の世界情勢なので、いかんせん話題が古いのは否めない。
それでも、例えば「アラブの春」の尖兵となったエジプトの少数派コプト教徒から見た宗教情勢、注目の高まるシリアと異端アラウィ派が政権を掌握した経緯、アフガンの地勢が育んだ多様性が阻む一体化など世界各地の紛争の下地が簡潔にまとめられている。
だがその簡潔さが、却って記憶に残りにくいのかも。
割と最近読んだ本でいえば「ベツレヘムの密告者」「ペルセポリス」とリンクする、それが虚構などではない現実なのだと思い知らされるようでもある。

序章にて(宗教は常に革命勢力として台頭してきた)とする指摘は、つい近視眼的に(個人の精神的救済)として捉えがちな宗教の全体像を示している。
既成の社会における弱者に結束を促し、行使する力を持てば旧来の制度や教義と軋轢が生じざるを得ない。
そうした変革を求める人々にとってのツールが、こと日本における仏教に関しては逆に支配階級のステータスとして広まった歴史を思うと興味深いものがある。
そしてキリシタンを受け入れた後、その政治的な危険性を見抜いて弾圧に転じた当時の為政者の嗅覚は鋭かったのだとも。


関連記事:
【最近読んだ本】インターナショナルワークス「知っているつもりで知らない世界地図」| 2008.01.01
【最近読んだ本】高橋伸夫・編著「この一冊で世界の地理がわかる!」| 2008.04.18
【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
【最近読んだ本】弓狩匡純「国のうた」| 2012.06.28
【最近読んだ本】森野たくみ、松代守弘「古代遺跡」| 2016.06.15
0
    | books | 2011.09.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top