おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 昨日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
西原理恵子「いけちゃんとぼく」

くっそぅ…また泣かされそうになっちまったぜ!
こないだの「女の子ものがたり」といい、ずるくね?
かつての、メリメリ頭角を現してきた頃の毒気と捨てちゃった感を適度に抑えてさ…まるでアニメ化した「クレしん」が原作を解毒して変な泣かせモノに化けたみたいじゃん?

今回、主人公は男の子で(いけちゃん)という謎の存在と遊んでるのね。
大人目線をしてみたり、ひとりで夕陽を見てたりする(いけちゃん)が実は…。
うわーん!

オカルトなんてシカトだぜって人でも、これなら信じたくなるだろうな。
そして魂や念についても違和感ないというか、めちゃくちゃ分かってるように感じられて、その辺に著者が人生から得てきた深みを垣間見たような気も。

あーあ!
読み返したら、やっぱり泣かされたじゃんか…。
さよなら、いけちゃん。
女の子の恋は、永遠なのね。


〈西原理恵子〉関連記事:
【さっき読んだマンガ】西原理恵子「はれた日は学校を休んで」| 2007.07.24
【最近読んだマンガ】西原理恵子「女の子ものがたり」| 2011.06.18
【最近読んだマンガ】西原理恵子「パーマネント野ばら」| 2011.12.31
【最近読んだマンガ】西原理恵子「ぼくんち 全」| 2013.10.08
【最近読んだマンガ】西原理恵子「きみのかみさま」| 2016.07.17
0
    | comic | 2011.09.22 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top