ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ザ・クラッシュ「ロンドン・コーリング」

'79年の2枚組アナログ盤が1枚に収まった、'99年のリマスタリング盤。
本作は彼らの3枚目のアルバムにして最高傑作とも称されるアルバムだそうで。

タイトル・ナンバーは僕が最初に聴いた彼らの曲で、石造りの建物の屋上を渡り歩くPV映像は何度も夢の場面に現れてくるほど印象深いのですが…音としては(クラッシュってこんなもんか)という、好印象とはいえないものでした。
しかしその数年後、彼らの事実上のラスト・アルバムとなった「コンバット・ロック」を買って衝撃を受ける事になるんです…耳が肥えるほどジワジワとくる、遅効性の衝撃として。

本作は、いわゆる(パンクっぽさ)の型に囚われないが故に、初期のファンからは賛否両論のようですが。
逆に「コンバット〜」こそが至上とする僕からは、その源泉を知る上で重要な作品に思えたりもします。
そんな次第で「コンバット〜」と比較する聴き方をしてますから、これは純粋なレビューではありません。

レベル・ミュージック(反抗する音楽)はポップ(大衆性)と裏腹な存在であり、例えば70年代パンクを今から模倣しても既に産業ロックと大差ない訳です。
本作の時点で、パンク以降のレベル・ミュージックであり早すぎたミクスチャー・ロック「コンバット〜」のヴィジョンは彼らには見えていたのでしょう…ベタなポップも多い本作ですが、揺るがない方向性が完結した時に解散した潔さ。


関連記事:
【最近聴いたCD】ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロス「ストリートコア」| 2008.03.03
0
    | music | 2011.09.30 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top