ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
シンディ・ローパー「ブリング・ヤー・トゥー・ザ・ブリンク〜究極ガール」

'08年リリース、日本盤ボーナス・トラック2曲を含む全14曲。
本作は“フォトリアリズム”というビジュアル表現への関心が契機となっているそうで、確かに本作を聴いてみようと思ったのはドリーミーなジャケ写(敷き詰めた花を踏んでゆく赤いハイヒールのバック・ショット)によるものだ。

同時期にデビューした典型的な女性シンガーのマドンナとは対照的な、奇抜さだけが悪目立ちしていて…後の鈴木蘭々や篠原ともえ、最近では木村カエラといった(ストリート感覚)とか(ガール世代の代弁者)的なピンポイントに訴求するマーケティングのハシリだったと記憶している。
一発屋の典型…。

だがしかし彼女は80年代を予想外に走り抜いたし、ついに失速したかと思っていた90年代は結婚と子育てに軸を置いていたのだ。
そして再び、セルフ・カバーやベスト盤がレビューに挙がるようになった。

これまで僕は彼女をSSW(シンガーソングライター)と認識した事はなかったが、少なくとも本作では全曲の作詞をこなしている…人生が「その人を崖っぷちに追いやる」様々な断片を。
もともと遅咲きではあったが、重ねた年の分だけ歌唱も深みが感じられる。
あの耳障りな絶叫が丸くなっただけでなく、英国ハウス/エレクトロ勢と組んでいても音の残像はまろやかだ。


関連記事:【最近聴いたCD】V.A.「バブルへGO!!〜キラキラ☆ポップ!! 」| 2007.09.25


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Cyndi Lauper " High And Mighty " Bring Ya To The Brink』(Sound Only)
0
    | music | 2011.10.06 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top