おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
「ゲッツ/ジルベルト」

すごいね、普通CDケースの背中にはアーティスト名が入ってるのに本作はアルバム・タイトルだけだよ!
流石はヴァーヴの大ヒット作、タイトルから判るようにパーソネルの主格はサックス奏者のスタン・ゲッツ…まぁ本作によってボサノバがブラジル国外で知られるようになったのだから、ジルベルト夫妻(当時)やトム・ジョビンが格下扱いなのもやむを得ないか。

僕のボサノバとの出会いも本作(とクレプスキュールの歌姫アンテナの「愛にエスポワール」)でして、二十歳頃の夏から秋にかけて暇さえあれば炭酸水と本作のシエスタが日課のようになってました。
上手いんだか下手なんだか判然としないジョアンのボーカルとギターによる「イパネマの娘」から始まる'63年N.Y.録音の8曲、これが'97年のでもボートラなしでリリースされているのが嬉しいね。

スタンに関しては村上春樹の音楽エッセイに、トムに関しては実妹による評伝山下洋輔の著作に詳しいので興味ある方は一読を…。
ともかく本作の大ヒットの陰でブラジル勢には色々と功罪あったようだけど、クールどころかジャンキーなスタンが本作以後のボサノバ・ブームとの関わりが薄いのは意外でもあり。

内容に関しては、少なくとも僕にはCTIのイージーリスニング系に通じる弛さも含めてボサノバの基準点なんでプラマイゼロ状態。
でも現代的なブラジル音楽とかMPB辺りから入った人には、のめっとしたノリは気持ち悪いかもね。

ちなみに今回初めて、あのミルトン・バナナも本作に参加してた事を発見!


追記:プロデューサーがCTIレーベル創立前のクリード・テイラー、エンジニアは後にビリー・ジョエル他ポップス方面でプロデューサーとして手腕を揮うフィル・ラモーン!


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「ザ・ボサノヴァ 3」| 2007.10.16
【最近読んだ本】山下洋輔「ピアニストを笑うな!」| 2008.01.26
【最近聴いたCD】アストラッド・ジルベルト「ジャングル」| 2011.07.02
【最近聴いたCD】JOAO GILBERTO「Joao Voz E Violao」| 2012.08.07
【最近聴いたCD】V.A.「BOSSA NOVA 3」(再聴)| 2020.05.18

〈スタン・ゲッツ〉関連記事:
【最近読んだ本】村上春樹「意味がなければスイングはない」| 2010.11.16
【最近聴いたCD】MILES DAVIS, STAN GETZ「Rare Live」| 2012.11.14
【最近聴いたCD】STAN GETZ「BIG BAND BOSSA NOVA」| 2015.12.09

〈CTI/クリード・テイラー〉関連記事:
【最近聴いたCD】ヒューバート・ロウズ「シカゴ・テーマ」| 2009.10.30
【最近聴いたCD】PAUL DESMOND with STRINGS「Desmond Blue」| 2013.02.21
【最近聴いたCD】JIM HALL「CONCIERTO」| 2014.08.07
【最近聴いたCD】STAN GETZ「BIG BAND BOSSA NOVA」| 2015.12.09

0
    | music | 2011.10.12 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top