ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ニール・ドナルド・ウォルシュ(著)、吉田利子(訳)「神との対話 <普及版>」3巻

初版'01年、副題は「世界的な真実について」。

本書のオリジナル版といいますか、要するに単行本は全3巻を出版と同時に買って読んでいました。
それは各巻が辞書のように分厚かったのですが、何度も読み返して最後は親しい人に譲りました。
そして久しぶりに古本屋で本書を見つけて、懐かしく買い求めてみた次第です。
この普及版というのは7巻に分冊されてコンパクトになってはいますね、ちなみに本書は単行本でいうと2巻の前半に相当します。

ここで“神”と名乗っている存在に否定的な感情を抱く人は少なくないかもしれませんが、僕は好きです。
彼は冗談が好きで、罰を与える事も脅す事もなく、何も求めないし、正直に答えてくれています…それが人々の神経を逆撫でしかねない事柄であっても、語るべき事を語ります。

この“神”を知るより10年ほど前の僕は、ジーンズに「God is inn」とペイントして履いていた事を思い出しました。
神は個々の内に宿るものであり人生という旅の宿のようなもの…といった意味合いを込めた表現で、ありがたく思う気持ちは宗教と無縁に存在するからです。

多くの人にとって最も受け容れ難いのは「ヒトラーは天国に行った」という発言でしょうが、これも“彼”のユーモアといいますか…善悪の基準は集団の道徳や価値ですし、悪をなす人を放置したり力を与えたりする責任も神にはないので。

マーク・トゥエインの「不思議な少年」を読んだ人ならば、それに登場するサタンの残酷なまでの正論を思い出すかもしれません。
もちろん“神”は寛容ですし、まったく一致している訳ではありませんけども。


関連記事:
【最近読んだ本】「神との対話 <普及版>」3巻| 2013.12.29
【最近読んだ本】「神との対話 <普及版>」3巻| 2016.08.07
0
    | books | 2011.10.17 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top