おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ウィリー・コローン「オリジナル・ギャングスター」

ファニアという聞き慣れないレーベルから'07年にリリースされた本作、とにかくジャケ写が素晴らしい!
これはアナログ盤で手に入れて壁に飾りたい位ですよ、青い監獄のベッドに腰掛けて葉巻を吹かすヒョロっとした男のモミアゲ!
バチモミなんてもんじゃないっす、アクセントの未来主義的なポータブルTVがまた洒落てるんだな〜!

ギャングスターといえばダサいラップの代名詞っぽいですが、元は禁酒法時代に今で言うマフィアをそのように呼んでいたそうで。
そして60年代後半から10代で活動を始めたウィリーこそ、音楽の世界にワルのビジュアルを持ち込んだ存在なのだとか。
彼もまた「エル・バリオ」(英語ではゲットーの意味を持つブロンクスはスパニッシュ・ハーレムの別称)の出身で、ジャズ・バンドからブーガルー(ラテン+ソウル)を経てサルサの立役者としてブレイク。
荒々しいトロンボーンの音色とライフル・ケースに見立てたトロンボーン・ケース、作曲&プロデュースだけでなく公民権など社会的運動に“勇気の芸術”として博士号を得てもいます。

そんな彼の代表曲を網羅した本作は80年代サウンドを含む14トラック、ただ残念ながらサルサ門外漢には普通のサルサにしか聴こえないのですね…。
相棒エクトル・ラボーも'06年にJ.ロペスが伝記映画「エル・カンタンテ」を製作したN.Y.ラテンの大物だそうで、もっと彼らについて知りたくなりました。
WILLIE COLON



“エル・バリオ”関連記事:
【いま聴いてるCD】ウィリー・ボボ「レッツ・ゴー・ボボ」| 2007.07.19
【最近聴いたCD】ジミー・キャスター「ヘイ・リロイ」| 2010.06.12
【最近聴いたCD】SPANISH HARLEM ORCHESTRA「UNITED WE SWING」| 2011.06.05
【最近聴いたCD】WILLIE BOBO & HIS ORCHESTRA「Let's Go Bobo !」(再聴)| 2012.09.30

〈サルサ〉関連記事:
【最近みたDVD】「サタデー・ナイト・フィーバー」| 2013.06.23
【最近みたDVD】「デイブは宇宙船」| 2017.03.14
【最近みたDVD】「ポリー my love」| 2017.03.29
【最近聴いたCD】V.A.「IRMA LATIN FLOOR」| 2018.03.07
【最近聴いたCD】V.A. 「Latina Cafe: Best Of」[Disc 1](再聴)| 2019.03.21
【最近聴いたCD】V.A. 「Latina Cafe: Best Of」[Disc 2](再聴)| 2019.04.01
【最近みたDVD】「カムバック!」| 2019.10.29
0
    | music | 2011.10.18 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top