ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
関川夏央 谷口ジロー「秋の舞姫」

アクションコミックス、シリーズ「坊っちゃんの時代」第二部だそうで。
副題には「凛冽たり近代 なお生彩あり明治人」とあります、初版は'89年。

関川夏央の名前は見覚えありましたが批評家とは知りませんでしたし、谷口ジローも80年代から(硬派な漫画家)として知ってはいましたが実際に読んだのは初めてだったようです。
明治…特に夏目漱石の活躍した時代に的を絞って検証し現代を逆照射するといった意図で関川が原案を出し、谷口の起こした原稿に手直しを要請した作品のようですが、原作や作画という分担は明記されていなかったので本の表記に従って両名を併記としました。

本書での主役はドイツ女性エリスに関わる二葉亭四迷と森鴎外であり、漱石は端役でしかありません。
二葉亭の葬儀から物語は始まり、鴎外の回想という形で「舞姫」ことエリスの来日から離日までのエピソードが語られていきます。
合間にカメオ出演のような体で登場する樋口一葉や東條英機など同時代の多種才々な著名人、先日の小泉八雲の本でも紹介されていた洋上から眺める高みに聳える富士山の描写などを織り込んで「舞姫」の余白に埋め込んでいく手法のリアリティーが微笑ましいです。

所々で時制が変わりますが、読者を混乱させない構成力は見事ですね。
大友克洋の「童夢」にみられる、建築イラストのようにスクリーン・トーン&ロットリングで処理する背景表現のモダンな印象が、和洋混在の明治期の空気を身近に感じさせています。
ようやく江戸を脱した途端に日清日露戦争へと向かう、近代日本の胎動を群像の中に描く純文学漫画です。


関連記事:
【最近読んだマンガ】松田奈緒子「えへん、龍之介。」| 2012.05.31
【最近読んだマンガ】夏目漱石(原作)、加藤礼次朗(漫画)「コミック版 三四郎」| 2012.07.18
【最近読んだマンガ】谷口ジロー「遥かな町へ」| 2012.10.31
0
    | comic | 2011.10.28 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top