ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
片岡義男「彼とぼくと彼女たち」

'86年に出版された、エッセイ&ショート・ストーリー集です。
タイトルのない40章、敢えて関連性を捜すなり脈絡を持たせるなりするとしたら(ある男性の追想)でありましょうか…それが著者の経験に基づくのか完全なるフィクションなのか名言されてはいませんが、徒然なる日々の中でよみがえる私的な雑想と思うと統一感があります。

「何を見ても何かを思いだす」とは池波正太郎のタイトルにあったような気がしますが、実際に僕らは常に何かを目にしては記憶の糸を手繰る作業を無意識に続けているように思えます。
本書に描かれるエピソードやシークエンスは淡々とした調子で、もし「ヤマなしオチなしイミなし」の定義を当てはめるならこれも一種のやおい本という事になるのかもしれません…ドラマが存在しない訳でもないのですが、エモーショナルではありません。
ただ「ドライな文体」などと評される著者でありますが、本作は基本的に回顧調なので程々にウェット感があるような気がします。

ひとりで物思いに耽る時に視線が遠くをさ迷うような、心の中は激しく動いているのに凪いだ水面のような感覚…とでもいいましょうか(まったく伝わり辛い喩えですが)、自分自身を見つめている時って感情は平静だったりするものです。
あとがきに収録された、ウィスキーの広告のためのエッセイは作り話でしょうね…少なくとも半分は。


補足:「何を見ても何かを思いだす」ヘミングウェイでした!笑


〈片岡義男〉関連記事:
【最近読んだ本】片岡義男「名残りの東京」| 2009.11.21
【最近読んだ本】片岡義男「頬よせてホノルル」| 2010.02.25
【最近読んだ本】片岡義男「今日は口数がすくない」| 2010.03.09
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」| 2012.01.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」| 2013.08.01
【最近読んだ本】片岡義男「缶ビールのロマンス」(再読)| 2016.12.01
【最近読んだ本】片岡義男「彼とぼくと彼女たち」(再読)| 2017.11.09
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」(再読)| 2018.01.31
【本日の脳内BGM】1982年 パイオニア ロンサムカーボーイ(60秒)| 2018.06.19
【最近読んだ本】アーヴィング・ペニグ(著)、片岡義男(訳)「メシア・ストーンズ 聖なる石をもとめて」| 2018.09.12
【最近読んだ本】片岡義男「波乗りの島」| 2019.04.24
0
    | books | 2011.10.29 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top