ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
渡辺多恵子「風光る」6巻

現在は作家に転身した山上龍彦(旧・たつひこ)の初期ディストピアSF「光る風」とは何の関係もない、幕末ものです。
「ファミリー!」を思わせるキャラ画に懐かしさを覚えつつ、子母澤史観に囚われない新撰組を描く心意気と勉強ぶりに引き込まれてしまいました。
とはいえ“沖田総司=美少年”設定は至上なんですねぇ…だからこそ主人公のセイも男装してまで沖田ベッタリになる訳ですが。

というか、意図的になんでしょうけどもセイは完全に少年として描かれてます。
セイが兄のように慕う斎藤一の秘めた想いも念友としてのようですし…さすがにセイの正体を知ってる沖田は違うにしても、時代小説の読者からすれば当時は珍しくもないボーイズ・ラブの如しですな。
この先“幕末ベルばら”化してゆくのでしょうか、今は設定が活きてませんが。

しかし池田屋事変で(喀血ではなく)暑気あたりに倒れた沖田を斬死と思い込んだセイの殺気は凄いですね、長州藩士に食い込んだ刀の代わりに自らの鉢金で斬撃を弾くとは…!
藩士も隊士も汗まみれだとか、時制を細かく変換してたりと細部の描写も何気に侮れません。
局長と副長の名コンビも巧いけど、新八つぁんの徒っぽさや悶々としてる斎藤兄上が好いです。
ただ、明里はんって…鴨殺しの一件で終わりじゃなかったっけ?←それは糸里でした!
ともあれ沖田の天然なノリと熱血少女セイの微笑ましい空回りっぷりは、著者の力量だからこそ上手にまとまってると思います。


〈幕末〉関連記事:
【最近読んだ本】司馬遼太郎「全集 五 竜馬がゆく(三)」| 2007.07.01
【最近読んだ本】石黒敬章「石黒コレクション 幕末・明治のおもしろ写真」| 2008.03.07
【最近読んだ本】大宅壮一「実録・天皇記」| 2008.12.23
【最近読んだ本】ニコライ「ニコライの見た幕末日本」| 2010.01.24
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」1巻| 2010.12.27
【最近読んだマンガ】水木しげる「劇画 近藤勇 星をつかみそこねる男」| 2011.08.20
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「合葬」| 2012.05.25
【最近読んだマンガ】V.A.「新撰組 沖田総司 煌の残像」| 2012.10.01
【最近みたDVD】「銀魂 新訳紅桜篇 劇場版」| 2015.08.09
0
    | comic | 2011.11.09 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top