ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 昨日の脳内BGM >>
最近読んだ本
中野正貴「東京窓景」

表紙の写真からしてインパクトがある。
開け放った和室の角部屋、二面の窓いっぱいに浅草の新名所“金のオブジェ”が迫っているのだ。

そんな「窓越しの東京百景」、初版'04年なのでスカイツリーこそ写ってはいないものの東京タワーに雷門に歌舞伎座などのランドマークだったり台場を臨む湾岸風景やビルに囲まれた高速道路といった東京らしい風景が黒いフレームと化した屋内から覗いて見える。

自分も同じ発想で撮った事はあるが、それは単に演出テクニックとしてであって他に意図はなかった。
その窓から見えるであろう眺めを外から想定して、撮影の了解を得て他人の住居に上がり込む…交渉という、写真家の作業につきまとう地味な仕事を逆照射したような画面が面白い。
内側から見た窓、という逆転の発想がもたらす内省的な哲学性もまた意外の発見であったと思う。

「TOKYO NOBODY」の著者だそうで、この人は東京を撮らせたら随一の視点の持ち主ではなかろうか?
もちろん一口に東京といっても“失われゆく下町ノスタルジー”なり“若者と先端文化の光と影”なりの、建造物や人物を媒介にして東京を写す手法なら珍しくはない…いや見飽きるほど当たり前なのだそれは。
確かに著者の作品にポートレートはないし主に写っているのは建造物であるのだが、そうした被写体で東京を語ろうとはしていないと僕は感じるのだ。
汎焦点な風景全体から滲み出す、都市の矛盾や痛みや希望や混沌を。


関連記事:
【最近読んだ本】鷹野晃「東京屋上散歩」| 2013.02.17

〈中野正貴〉関連記事:
【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「MY LOST AMERICA」| 2009.01.23
【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「TOKYO NOBODY」| 2009.09.18
【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「TOKYO BLACKOUT」| 2015.01.23
0
    | books | 2011.11.16 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top