おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 昨日の脳内BGM >>
最近聴いたレコード
小曽根真「OZONE」

弱冠23歳にしてジャズ・ヴィブラフォン奏者ゲイリー・バートンのプロデュースにより米CBSにて世界デビューを飾った日本人ピアニストの、ベース奏者エディ・ゴメスとゲイリーをゲストに迎えたファースト・アルバムが本作です。
透きとおるようなピアノの音と浮遊感のあるバイブの音が絡み合う、清流のような調べ。

よく分からないなりにジャズ・ピアノの軽やかな響きに憧れて、ただジャケットに貼られていた「master sound デラックス仕様レコード」というステッカーのキラキラ感と重量感(盤自体が1.5枚分位は重い)だけで即決でした。
そう、博打買いです。
限られた小遣いですが、いちいち気になる盤を試聴させてもらうのがまどろっこしくて、例えハズレでも聴き倒していれば好きになってしまう訳で…もちろん本作は大当たりでしたが、その割に話題になっていない気がして(これじゃジャズ的にはダメなのか?)と不安になったりもしました。
中3の頃の話。

実は今日(この記事を書いた日)の脳内BGMで鳴っていた曲名がどうしても思い出せなくて、確認ついでに久々に聴き返してみたのでした。
全曲オリジナルで、個人的には特にA面3曲「クリスタル・ラブ」「アイ・ニード・ユー・ヒア」「フライト」の透明感と浮遊感は素人耳にも分かりやすいのですが…B面のジャジーな曲も脳内に残っていたのが自分としては意外でした。

まぁジャズとしてどのように評価されてるのか知りませんが、誰でも構えずに聴ける心地よさはお薦めです。


再聴【最近聴いたCD】| 2014.05.12


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『7/9 Crystal Love (Makoto Ozone)』(カバー動画です、バンド構成でリアレンジされているのがまた新鮮な印象です)
0
    | music | 2011.11.23 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top