おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
JOE & BING「同」

少し前にレビューを書きましたが、またちょっと聴いてました。

取り立てて目新しい要素に気付いた訳でもなく、何か音楽がほしいなと思った時の気分に丁度よかったのでBGM的にリピート再生していたのでした。
自作自演の男性コーラス・デュオとして、ほぼ同時期に売り出し中だったホール&オーツの陰に隠れてしまった不運については以前も書きましたが。
彼らに比べればR&B色も感じられず、また個人的にはシールズ&クロフツのカラーに近いように思うのですけども、それほどドラマチックな曲調でもない点が逆に聴きやすいのではないかと思ったりも。

そういった押しの弱さが時代の波に消えた理由なのだとすれば分かる気はしますし、今だからこそ控えめに郷愁を誘うようなオーセンティックさが味わい深く思えたりもするのでしょう。


関連記事:【最近聴いたCD】ジョー・アンド・ビング「同」| 2011.04.15
0
    | music | 2011.11.26 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top