ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ミヒャエル・ゾーヴァ「ゾーヴァの箱舟」

再読
絵本じゃなくて画集です、発行は'98年。
多分その位の時期に、アクセル・ハッケの絵本「ちいさな王様」で見たのが著者の作品との出会いでした。
いや、あれは絵本じゃないか…挿し絵が多いだけで。

画集としては、もしかしたら本書が最初だったかも…いや違ったな、これは図書館で見つけたんだった!
以前にも借りた事があるし、図書館でもたまに眺めたりしてるので、著者の作品集の中では見てる回数が一番多い気がします。

タイトルに沿った統一性がある訳ではないですし、画集としてのクオリティは今ひとつな印象なのですが。
CDに例えるなら低価格ベスト盤みたいな、バラエティーに富んでいる「ゾーヴァ入門書」といった感じ。

動物たちの表情、空や屋内の光の加減、微妙にウェットな街並みの質感、唐突なブラック・ユーモア、静けさなど、惹かれる理由を言葉にすると簡単なようでいて何か言い足りないような…まぁ好きに理由なんて要らないですよね。
作品毎に、何か仄かな匂いが過るのも、つい繰り返し眺めてしまう理由かもしれません。
別に芳しき香りでもないのですがね、知らない街の空気っぽくて。


〈ミヒャエル・ゾーヴァ〉関連記事
【最近読んだ本】ミヒャエル・ゾーヴァ「ゾーヴァの箱舟」| 2008.03.22
【最近読んだ本】ミヒャエル・ゾーヴァ「ミヒャエル・ゾーヴァの世界」| 2008.02.19
【最近読んだ本】ミヒャエル・ゾーヴァ(画)、那須田淳(文)「魔笛」| 2009.04.30
0
    | books | 2011.12.20 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top