ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
吉田秋生「イヴの眠り」5巻

再読です。
ただし以前は前巻までの流れを一切知らずに読んだのですが、今回は4巻を読んだ後なので改めて感動の最終巻なのであります。

アリサの故郷、ハワイイでいう「マナ」…そして実の父親である静の故郷、沖縄でいう「マブイ」。
そのどちらも、単に「魂」と訳すだけでは足りない含みがある響きに感じます。
いわゆる一つの人類の革新的なニュータイプの血を引きながらも、相容れぬ存在である死鬼ことセイと主人公のアリサ…最終的には静の魂と引き替えに彼は安息を得るのですが、それはアリサがニュータイプとして最後の一人になってしまう事を意味してもいたのでした。

時折アリサが見ていた少年の幻影が、最後は二人になり手を取り合って去ってゆく場面が印象的です。

しかしまぁ、やはり「夜叉」の後日談な訳で。
それはそれとして、知らずに読んでも充分に楽しめるのですけれど。
やはりアリサたちが巻き込まれてしまった騒動の因縁というか遠因が、やっぱり気になってきてしまうのですね…もちろん本編は独立した物語ではあるのですが、いつかは「夜叉」を読んだ上で改めて再読してみたいなと思います。


関連記事:【最近読んだマンガ】吉田秋生「イヴの眠り」2巻| 2011.11.06
     【最近読んだマンガ】吉田秋生「イヴの眠り」4巻| 2011.12.19

     【最近読んだマンガ】吉田秋生「夢みる頃をすぎても」| 2009.05.22
     【最近読んだマンガ】吉田秋生「BANANA FISH ANOTHER STORY」| 2011.04.26
     【最近読んだマンガ】吉田秋生「櫻の園」| 2011.05.15
0
    | comic | 2011.12.25 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top