おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 昨日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ボラット」

副題は「栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」…はい、映画館でも観ました
一緒に借りた「アホリックス」が笑えなかった場合の口直しとして、あの爆笑を期待したのですが…。
これほど足が早い(鮮度の短い)笑いだったとは!
面白いんですけど、たった数年ですっかり色褪せてしまった感じです。

中央アジアに実在する国が製作した「アメリカの文化を紹介するテレビ番組」という体裁で、全米各地にて突撃取材を敢行…異文化への抵抗感を隠して寛容を示そうとする市民への、ネタバラシなしの「ドッキリカメラ」という内容ですが。
そんなバラエティー番組的な企画を教養番組っぽく撮影し、映画としてはロードムービーに仕立てているという入れ子構造がユニークなんです。
ただし、こうして時間をおいて観るとね…そんな珍道中っぷりが白々しい、といいますか。
まぁパメラ・アンダーソンのサイン会で彼女に花嫁袋を被せる辺りは笑いましたが…本人としては軽くトラウマだったのでは?(→Wikipediaの記事によると、彼女自身は事前に知らされていたようですね)

南部の異言派の集会を映したり、アメリカで公開されると知っていたら決して口にしなかったであろう差別的発言の数々など、なかなか表立っては見えてこないアメリカの本音は笑いと違う意味で面白いです。
まぁ良識ある人の神経を逆撫でしまくる場面も満載ですけど、未見でしたら一度はオススメですよ!
でも二度は観なくても。笑(3度目)


公式サイトはコチラ


関連記事:
【最近みたDVD】「ディクテーター 独裁者」| 2013.08.31
【最近みたDVD】「ボラット」(再視聴)| 2015.01.04
【最近みたDVD】「俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク」| 2014.08.23
【最近みたDVD】「タラデガ・ナイト オーバルの狼」| 2015.01.08

〈略奪婚〉関連記事:
【最近みたDVD】「蒼き狼チンギスハーン」| 2013.11.30
【最近読んだ本】林典子「キルギスの誘拐結婚」| 2015.04.20
【最近読んだ本】辻原康夫(編)「読みたくなる世界史」| 2016.08.24
【最近みたDVD】「トランザム7000」| 2017.08.31
【最近みたDVD】「バニシング IN TURBO」| 2018.02.25
【最近読んだマンガ】さそうあきら「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」2巻| 2018.05.04

〈カザフスタン〉関連記事:
【最近読んだ本】森住卓(写真・文)「セミパラチンスク」| 2015.11.21
0
    | cinema | 2011.12.28 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top