ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
ブライアン・セッツァー「13」

昔のソロかと思ってたら実は'06年のアルバムで、ちょうど布袋寅泰が絡んだ頃だったんですな。
その曲の他にもカタコト日本語を織り交ぜた、かなりチープな曲もあったりして…なんか全体的にトリッキーな印象です。

まぁ悪く言えばどの曲も強引なツギハギ感の、バラバラに浮かんだリフをつなぎ合わせたようでもあり。
よく言えば意外性にあふれた、型にはまらない展開が耳新しいですね。
ストレイ・キャッツのロカビリーでもなくB.S.O.(ブライアン・セッツァー・オーケストラ)のゴージャスなサウンドでもなく、ただ(ロックンロールがやりたかったんだなぁ)というのが伝わってはくるのですが。
「Blast Off」ばりのイントロで「Summertime blues」のリフも顔をのぞかせる曲なんて賛否両論ではないかと思うのだけど、きっと彼には如何わしさも胡散臭さもロックンロールの構成要素なんだなってのが腑に落ちもするのです。

だけどファンが彼に求める期待からは、軽く裏切る範疇を越えているだろうなってのも分かるんですね。
例えば3ピース・バンドからコンボ編成ってのは痛快な裏切られ方だったけど、この方向性だとフリーズしちゃうかなぁってね。
布袋が絡んでるのは1曲だけなのに何故かトータルで布袋臭い…彼が厭なのではなくて、混ざってほしくはないからなんだろうな。
0
    | music | 2012.01.11 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top