ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
高山しのぶ「あまつき」11巻

著者いわく、この先は後半戦だそうで…謎また謎と拡げた風呂敷の回収が始まる折り返し点らしいです。

あまつき世界では再生後の銀朱に不具合発生で真朱が再び発狂、主人公を救った朽葉と坂守神社ごと穢れに呑まれ…陰陽寮を直轄する上様の向こうには慶喜の存在が明かされます。
現実世界で千歳グループを嗅ぎ回る半らは“天才狂人”漆原の気配を察するも逆に追い込まれ。
主人公の思い出世界では、育て親の蘇枋と共にいた「ちとせ」の面影が上様と重なり…。

千歳グループが絡む「大江戸幕末巡回展」の売りである3D映像の仕組みと、左目の視力を失ったままで死角も見えていた主人公の立てた仮説…「見る」という認識への懐疑が、本作の肝なんでしょうな。
まさか最後は「思い込みを信用するな」ってオチになっちゃったりは、しませんよね?笑
それでも切り口が面白ければ文句ないので、もう少しこの複雑な語りに付き合ってみようかと思ったり。


次巻

前巻
0
    | comic | 2012.01.12 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top