おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
「ファイナルファンタジーX 最終攻略本」

ブックオフで105円だったので買ってしまいました、内容的には「FFX-2発売前に「FFX」をクリアしたユーザー向けの復習&予習という感じです。

このところ「X-2」2周目を始めた僕にとっても、なかなか嬉しい企画だったりするんですねこれが。
攻略ルートやキャラ育成データ、究極武器などの攻略情報は結構アッサリで。
その分、スピラという世界の歴史や地域、多数の脇役キャラといった「X」と「X-2」に共通する物語の舞台背景にページが割かれているのですよ。
以前の「エボンの教えとスピラの人々」という本が、どちらかというと「X」時点での(エボン教に基づいた)歴史などを解説しているのに対して、もっとシリーズ間の橋渡し的な役割を意図した構成なんです。

特にシリーズ両作のシナリオを手掛けたライターとプランナー両氏へのインタビューもあり、スピラという完成度の高い世界への理解を深めたい向きには意義のある一冊ではないかと。
分かったようで誤解してた部分、充分には読み取れていなかった要素などを補完してくれますよ。
とりあえずの目標は「X-2」完クリですが、いつかシリーズを一気に続けてプレイしてみたいな…とか思ったもりしました。


再読
0
    | books | 2012.01.13 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top