ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やってるゲーム | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
星野之宣「MIDWAY 歴史編」

集英社文庫'05年発行の自選短編集で、初出が'75年の初期作品から'96年まで8編を収録してます。
タイトルにもあるように、ほとんどの作品が史実や伝承をモチーフとした物語で、SFというより伝奇サスペンス的な雰囲気です。

70年代らしいハードSFタッチでアトランティスとツングースカの謎をリンクさせた「はるかなる朝」、連載や依頼とは別に描かれた「イワン・デジャビュの一日」は「通いの軍隊」という筒井康隆の短編小説を連想させる並行世界のシュールさがユニーク。
他に「妖女伝説」シリーズでは特に「ボルジア家の毒薬」が、ルネサンスの闇とダ・ヴィンチの秘恋を絡めた構成で面白かったです。
また「鎖の国」で描かれる二人の平賀源内はドラマ化されてもおかしくない、されたら観てみたい作品。

個人的に最も興味深かったのは「宗像教授伝説考」シリーズからの「白雪の伝説」ですね、収録作品中では最新の'96年初出。
白雪姫と古事記の「黄泉国」神話、コボルトとコロポックルの共通性と2つの考察を進めながら、雪崩によって閉ざされた洞窟からの脱出行というストーリーを展開していく手腕は見事。
以前読んだ妖精の本でもヨーロッパ各地の小人伝承(家つき妖精)が似通っている事は書かれていましたが、コロポックルもまた「工芸が巧みで金属採掘の技術を持っている」とは!
しかし、紐・櫛・果物という愛の呪物…白雪姫と黄泉国譚の忘れられた内容というエピソードも著者の創作なのでしょうか?
まさに伝奇サスペンスです、堪りません。


関連記事:
【最近読んだマンガ】星野之宣「残像」| 2011.05.05
【最近読んだマンガ】諸星大二郎「暗黒神話」| 2012.11.24
【最近読んだマンガ】J.P.ホーガン(原作)、星野之宣(漫画)「未来の二つの顔」| 2013.07.22
0
    | comic | 2012.01.18 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top