おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
坂本政道、ダリル・アンカ「バシャール×坂本政道 人類、その起源と未来」

うぉ、VOICE本が図書館に?!
っていうかバシャール本だし…しかも初版'09年!?
ちょっと笑いかけました。

(バシャールwwwまだいたんだwww)と思ってから、よく考えてみたらバシャールにいるもいないもないんでしたね。笑
しかし懐かしい名前ですわ、かれこれ15年ぶり?
あの頃は読み辛くて、なかなか頭に入ってこなかったよな…それがこんなに読みやすく感じるのだから、訳者が上手いのか僕が15年がかりで意識改革されたかでしょうね。

あ、ご存知ない方のため軽くフォローすると…バシャールとは有名な(高次の意識体)で、ダリル・アンカという人(チャネラー)の意識と肉体を借りて色々と語ってくれるんですよ。

インタビューしに行った坂本政道の得意なヘミシンクに関しては、以前に著作を読んでいる山川健一の本でも出てくるのでアバウトながら理解してます。
なので大丈夫。

インタビュー内容は人類の起源から超古代文明、今話題の2012年アセンションと“いまここ”など…まぁ(やっぱバシャールもそう思ってた?)などと気安く受け止めてしまいましたが、きっと15年前にバシャール的思考をインプットしてるからなのでしょう。
馴れてないと意味不明かもな、まぁ分からなくても問題ないですし違うルートで同じような信念の解釈に至った人も多い訳で。

ちょっと懐かしく、ちょっと新鮮で楽しめました。
0
    | books | 2012.01.19 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top