ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
ウィリアム・アンダーソン(編)、谷口由美子(訳)「ローラの思い出アルバム」

ローラ・インガルス・ワイルダー…そうです、あの「大草原の小さな家」または「大きな森の小さな家」の主人公の名前です。
まぁNHKで何度も放映されていた海外ドラマを観ていた程度の僕なので、原作ファンほど詳しくはないし思い入れもないのですが。
というか、あのドラマのままでしかイメージ出来ないんですけども。
1867〜1957年という、西部開拓時代からのアメリカに生きた女性の自伝的な物語シリーズだったのですね。
作品の舞台となった各地には記念館や博物館が建っていたり、ローラ研究の第一人者となった編者に限らず多くの少年少女がこのハーパース社のロングセラーを読み継いできたのでした。

本書は、彼女の祖父母の時代から始まる資料集です。
1850年代の、ヘンリー・ソローかリンカーンみたいな髭面の祖父を囲む写真。
姉のメアリが視力を失う前に、かあさんから習ったパッチワーク・キルト。
とうさんの緑色の本や、代名詞のようなバイオリン。
夫となるアルマンゾや姉のイライザ先生、オルソン家のネリーといった印象深い人々の肖像写真。
ローラに関しては特に、少女時代の名刺から娘のローズに遺した遺書まで充実。

個人的にはソロー「グレイ・アウル」の生きた時代とも重なり合う開拓時代の空気を感じられて、非常に興味深い一冊でした。


関連記事:
【最近読んだ本】オースン・スコット・カード「奇跡の少年」| 2012.03.01
【最近読んだ本】ライマン・フランク・ボーム「オズのふしぎな魔法使い」| 2013.01.09


〈アメリカ開拓時代〉関連記事:
【最近読んだ本】三省堂図解ライブラリー「アメリカ西部開拓史」| 2009.04.05
【最近読んだ本】知のビジュアル百科「カウボーイ事典」| 2009.04.07
【最近読んだ本】シオドーラ・クローバー「イシ 北米最後の野生インディアン」| 2010.08.14
【最近読んだ本】ラヴァット・ディクソン「グレイ・アウル 野生を生きた男」| 2011.12.23
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近みたDVD】「レボリューション/めぐり逢い」| 2014.11.18
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC TWO)| 2015.10.22
【最近みたDVD】「許されざる者」| 2015.11.04
【最近みたDVD】「ロング・ライダーズ」| 2015.12.10
【最近読んだ本】「シートン動物記 狼王ロボ」| 2017.05.28
【最近読んだ本】クリストファー・プリースト「奇術師」| 2017.09.23
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02
0
    | books | 2012.01.22 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top