ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
松谷みよ子「民話の世界」

柳宗理の訃報から、まだ読みかけだった本書の著者を連想していました。
著者が民芸運動に関わったとは聞かないのですが、彼女と彼女の関わった「民話の会」の活動には民芸運動に通じる温故知新があるように思っていたからです。(←民芸運動は、柳宗理ではなく父の宗悦でした)

松谷みよ子…小学校の学級文庫から図書室の蔵書まで読み尽くした日本の民話や昔話の本には、その名前があったのを覚えています。
僕が最初に知った作家の名前だったのではないか、そのように思います。
数年前に読んだ「捨てていく話」は彼女の悲しみに満ちた結婚生活が綴られており、とても驚いたと同時に「民話の会」という草の根活動の大変さを感じさせるものでもありました。

著者の事を、子供の頃は(持ち合わせたリソースだけを売りにした口述作家)のようにイメージしていました…最近になって「死と再生の民話」など大人向けの著作を読むまでは。
でも実は(神田の生まれ)であり(昔話と無縁に育った)彼女は、仲間たちと各地の僻村に足を運んで己れの耳で聞き集めたり、柳田國男など先達の文献から文献や選定を行うなどの作業を経てた再話として、語り継がれた物語を届けてくれていたのでした。

そういった過程と共に本書に収められた昔話の豊かさ、話に秘められた思いや真実を思う眼差しの奥深さ。
まだ失われてはいないものへの希望と、最初に出版された'74年から大きく隔たってしまった現在への絶望的な気持ちが読後に複雑な余韻を与えてくれました。


関連記事:
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】松村一男「この世界のはじまりの物語」| 2013.02.26
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
【最近読んだ本】宮本常一「忘れられた日本人」| 2016.06.21
0
    | books | 2012.01.28 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top