ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近行ったところ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
梶尾真治「百光年ハネムーン」

先日読んだ漫画「この胸いっぱいの愛を」の原作が気になって、それで考えてみれば(カジシンの本って、あんまり読んでなくない?) って気がして…もしかしたら1〜2冊と、アンソロジーに編まれた数編ぐらいじゃなかったろうかと。
そしたら折よく「ふしぎ文学館」シリーズの本書を、図書館で見かけた次第。

著者は60年代にSF同人「宇宙塵」を経て「SFマガジン」でデビューするも、実家を継ぐため断筆…しかしカムバック後には日本SF大賞も受賞し、今も九州で社長業と両立させながら執筆を続けているそう。
本書に収められた12編は商業誌デビュー作の他、カムバックして著作活動を本格化させた'79〜83年の作品が中心となっています。

巻頭の「美亜へ贈る真珠」は'71年のデビュー作にして古典の風格漂う一編で…っていうか初めて読んだのに懐かしいような既読感、全部が全部ではないので別の短編集を読んだのかもしれませんが再読かなぁ?笑
ともあれ収録作に共通する(ラブ・ストーリー+SF)という構成が、リリカルと評される所以なのかも。
ほろ苦くも温かな結末には、著者の人柄と技量が表れているのでしょうなぁ。
自ら“論理娯楽”と定義する辺り、いわばSF界の3番打者って感じですかね。

でも既存の作家やミュージシャンの作品を取り込む点は微妙かなぁー、宇宙旅行の時代にビートルズとかってのは違和感あるので…。


関連記事:
【最近読んだマンガ】河丸慎「この胸いっぱいの愛を」| 2012.01.03
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」 | 2012.10.17
【最近みたDVD】「クロノス・ジョウンターの伝説」 | 2020.01.01
0
    | books | 2012.01.31 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top