おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近買ったもの | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
小松左京「すぺるむ・さぴえんすの冒険」

本書も、前に読んだフレドリック・ブラウンと同じ福音館書店「ボクラノSF」アンソロジーです。
その第4弾「小松左京コレクション」として6編を収録し、初版は'09年。

著者の作品と出会ったのは、筒井康隆星新一より先だったと思います。
実際は短編集を読むほうが多かった筈ですが、イメージとしてはずっと「大作ハードSFの作家」なんですよね…映画化された「日本沈没」も「復活の日」も「さよならジュピター」も読んでいないのに。
それはもしかしたら僕だけに限らず、カルト的なファン層を獲得した筒井や“卒業してゆくもの(by唐沢俊一)”的な間口の広さを持った星の作品に比べて一般的な認知度としても難度が高い印象だったのかもしれない…と、本書を読みながら思ったりもしました。

例えば「くだんのはは」を思わせるホラー短編「牛の首」や時代物SF「お糸」など、SFをベースとしながらも多彩な趣向を凝らした作風も著者の持ち味であったと、今更ながら気付かされるのです。
ところで「結晶星団」は遠い昔に同名の文庫を読んだ気がしていましたし、また「夜が明けたら」に至ってはインスパイアされて書いた自作曲のタイトルにもしているのに…読んでみたら覚えがないんですよね。笑
自分としては知っていて当然なのに、忘れているのではなく記憶がない…その点だけがシュールというかモヤモヤとした読後感として残りました。


関連記事:【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」2012.10.09
0
    | books | 2012.02.06 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top