ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだマンガ
荒川弘「鋼の錬金術師」27巻

最終巻です。
エド&アルにホーエンハイムのエルリック一家、アメストリスの国家錬金術師とシン国の錬丹術遣い総出での地上戦からスタート。
日蝕を利用した国土錬成陣をスカーらイシュバール人が上書きし、神の召喚に失敗した“お父様”ことフラスコの中の小人こと最初のホムンクルス…ついにエネルギー切れまで追い込むも身動き取れないエドが吸収されかけ、半壊アルが鎧に留めた魂を使って“真理の扉”をノックする!

息詰まる決戦の後、祖国再建に奔走する人々…そういやいたなぁ的なあんな人こんな人みんなやること見つけて役割背負ってそれぞれの場所に散っていきます。
もう後半は泣けてくるエピソード畳み掛けてくるようで、個人的にはスカーの部分が一番グッときました。
でも感傷に溺れる読者とは対照的に作中の人々は新たな世界に汗を流すのです。
エド最後の錬成で兄弟は再び故郷に戻り、かつて左右の手を合わせて行使した錬金術に代わって二人はイースト・ミーツ・ウェストの旅に出てゆきます。
いつか東回りと西回りで得た経験や知恵が、等価交換を超える法則となるのでしょう…妻との邂逅を果たしたホーエンハイムの長い旅が幸せに幕を閉じ、最後のホムンクルスは人と心を通わす未来を生きるのです。

しかし人間という器を得た人造の生命が「完全なる存在」を目指すとか、そのために不完全な要素である感情を「七つの大罪」として切り離すなど欧米マーケティングを視野に入れてたかのような…というよりも、キリスト教的世界観あるいは西洋哲学に真っ向から挑むようなテーマですよね?

ともあれ個人的にシビレたのは脇役を脇役で退場させないところでした、それと売れてるからって30巻とか50巻とかダラダラ引っ張らなかったところね!笑


前巻
0
    | comic | 2012.02.14 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top