ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近みたゲーム >>
最近読んだ本
オースン・スコット・カード(著)、小西 敦子(訳)「奇跡の少年」

105円で本書を買ったのは、先に読んだ「グレイ・アウル」と一緒だったのですが…なんか内容的に舞台が被りそうな気がして後回しにしておりました。
でも、こちらは開拓時代というよりも…一種の並行世界SFなんですね?
更に、訳者解説を先に読んだら本書は壮大な歴史物語の序章に過ぎないようで。

著者は有名なSF作家だそうですが、呪術や神?は出てくるもののSF要素は皆無です…とはいえ“剣と魔法のファンタジー”などではありません、呪術といっても開拓民の一部が使う素朴なまじないですし。
迷信や信仰がパワーを持っていた時代の新大陸を舞台に、日本の陰陽道や怪異記にも似た“見えざる力”が物語を動かしていきます。
神?もまた、啓蒙精神だけは一人前の神父を造形するギミックですな…まるでキリスト教世界が冒してきた悪行にカウンター・パンチを食らわすような側面は、よくぞ白人社会でとニヤニヤしてしまいましたよ。

本作の主人公である7番目の息子の7番目の息子、その数奇な運命の理解者となる流浪の語り集め部テイル・スワッパー…そして邪悪な存在を神と信じ込んだ愚かな神父は今後どう関わってゆくのか気になります。
正直、読み始めは退屈でページが進まなかったんですけどね…もし同様に感じて投げ出しそうな方には「諦めないで〜」と言いたいです、せめてテイル・スワッパーが登場するまでは。
一気に面白くなるから!笑

このところ続いていたアメリカ開拓時代ものでは異色の読み物でしたが、本書は自分自身が100年前の価値観で生きている感覚を体験させてくれた点で瞠目の一冊となりました。
荒唐無稽なフィクションといえど侮るなかれ、訳者の力量も貢献度高し(多分)。


〈アメリカ開拓時代〉関連記事:
【最近読んだ本】三省堂図解ライブラリー「アメリカ西部開拓史」| 2009.04.05
【最近読んだ本】知のビジュアル百科「カウボーイ事典」| 2009.04.07
【最近読んだ本】シオドーラ・クローバー「イシ 北米最後の野生インディアン」| 2010.08.14
【最近読んだ本】ラヴァット・ディクソン「グレイ・アウル 野生を生きた男」| 2011.12.23
【最近読んだ本】ウィリアム・アンダーソン「ローラの思い出アルバム」| 2012.01.22
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近みたDVD】「レボリューション/めぐり逢い」| 2014.11.18
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC TWO)| 2015.10.22
【最近みたDVD】「許されざる者」| 2015.11.04
【最近みたDVD】「ロング・ライダーズ」| 2015.12.10
【最近読んだ本】「シートン動物記 狼王ロボ」| 2017.05.28
【最近読んだ本】クリストファー・プリースト「奇術師」| 2017.09.23
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02
0
    | books | 2012.03.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top