ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近みたゲーム >>
最近みたゲーム
PS2ソフト「エディット・レーシング」

今回はプレイしてないので「最近“観た”ゲーム」です、メモリーカードに保存してあったリプレイデータ17本を文字通り再生して見学しただけなのです。笑

本作はD3パブリッシャーの看板タイトル「SIMPLE2000」シリーズの1つですが、決して“クソゲー”ではなく“バカゲー”の一種ですね…ユークスが下請け製作したのか、版権を買い取ったのかもしれません。
何故か全車オープンカー、しかも老若男女12名の出場者が抜きつ抜かれつ挑発合戦…時たま地味に性格を反映した挙動(幅寄せしてきたり頭抱えたり)を示すのが笑えます、フロントガラスでダメージ表現というのも微妙に可笑しいし。
しかし本作最大のバカゲー要素は「戦闘機がコースを爆撃」という理不尽なアクシデントにあります、一応(訳ありレース)らしいですが誰も知らないだろ!笑

全グランプリ制覇を目指すメイン・モードはスペック上げに時間かかりますが、操作も挙動も素人向きなので難易度イージー+抜け道と強化ニトロを決めれば割と楽勝です…同じ車に乗り続けると相性が増すヘタレ救済措置もあるし。笑
またクラスアップする前に予選スキップで最下位スタートしてみるのも手で、敗退するとライバル同士の賭けレースが増えたりも…これだけは自動生成コースなので先読み出来ませんし愛車を奪われる場合もありますが、勝てば運転スキル上昇&賞金か新車(隠しカーも)ゲットの一石二鳥イベントなので…賭け車の色やスペックは予め選べます、もう事前セーブは必須!笑


プレイ履歴:
2012.03.02
2012.03.18追記:男性キャラ6名の言動チェック)
2012.07.22追記:コースエディットの注意点とトロフィーGPの全コース一覧)
2013.08.10追記:隠しカー3種を除く全車種40台のベース車両の調査結果)
2013.08.15追記:女性キャラ6名の言動チェック)
2016.08.26(2P対戦)
2020.02.16(ディスク生成コースのリプレイ視聴)
2020.02.26(ディスク生成コース走行インプレ)
2020.03.05(市販ディスク自動抽出16コースの試走)
2020.03.12(各コースの特徴)
2020.03.22(難度ハードでトロフィーモード・マーティン1)
2020.03.28(難度ハードでトロフィーモード・マーティン2)
2020.04.03(難度ハードでトロフィーモード・マーティン3)
2020.04.10(難度ハードでトロフィーモード・マーティン4)
2020.04.18(難度ハードでトロフィーモード・マーティン5)
2020.04.28(難度イージーに落としてトロフィーモード継続・マーティン6)


*以下の動画は、携帯ではご覧いただけないかもしれません

『PRIXEL DERP PLAYS EDIT RACING (エジット・レーシング) (BATM STAGE) - PRIXELPLAY』(操作キャラはブラジリアン・スーパーモデルですね、自作コースながら夜中のシビアさが伝わってくる湾岸ステージです)



(追記:下段にメインモードについての豆知識?を書き出してみました)

本作は、シングルゲームのトロフィーがメイン。
2P対戦モードのバトルゲーム2種類は対COMプレイなし、つまり対戦相手がいて2コントローラーが刺さっている状態でないと対戦プレイは不可能。
トロフィーは選択したキャラクターのGP優勝が目的、全GP制覇したエンドロール後もノーマル・ラウンドのレースは出場可能で他キャラからの賭けメールも最大27通に達するまでは来る。
理不尽としか思えない当たり判定や敵車の嫌がらせなどは、こういう仕様と割り切るしかない。
ただ、ガレージの並びを変えられないのとカーソル記憶が出来ないのが本当に不便!

トロフィーで購入/獲得した車はクイックレース(QR)やタイムアタック(TA)でも使用可能、ただグレードアップ用パーツ(加速力と最高速度に関わるエンジン&操縦性に関わるサスペンションetc..)で車体性能を上げてないと意味ないかも…QRやTAでは全車種のチューニングが解除されるので、QRやTAに限ればパーツ購入しなくても調整自体は可能。
グレードアップ用パーツは購入(=交換)したら元には戻せないため、エンジンのパワーやニトロの効きが強過ぎると感じたら同じ車を買い直すしかない(不要な車は売却が可能、パーツのバラ売りは不可)。
隠しカー(フル改造済み)は、トロフィーで入手orクリアしていなければ他モードでは選択不可。

QRやTAのコースはトロフィーのGP全コースと同一で最初から選択可能、なのでトロフィーでの出走前に予習が可能。
トロフィーでアクシデント(スペシャル・エフェクト)が発生するコースはカントリー/ポートシティ/クリティカル・スピード・サーキット以外の5つ、トロフィーの規定周回数3周の間にランダムで発生。
クラスによって抜け道が存在する場合もあり、アクシデントによって生じる抜け道も。
天候や時間帯は、下位GPはレース毎に決まっていて上位GPはランダムっぽいが(遺跡エリアは常に晴れ)QRやTAでは選択が可能。
GPは7つ、それぞれラウンド1〜3(終盤のGPでは4と5)を3位以内で完走しファイナル・ラウンドは1位でクリア。
1つのGPをクリアすると次のGPに出場可能、最初はカテゴリーCの車種限定で徐々に上位カテゴリー車種のGPへ移行していく。

全車AT/MT選択と微調整が可能、カラーバリエーションは8色。
ニューゲーム時はカテゴリーCが全12車種、上位カテゴリー車種のGPに出場可能になるとBとAそれぞれ14車種まで増える。
QRやTAでは最初からB(Type Mtg, Type Afs, Type GF)とA(Type Chm, Type Cvt, Type XK)の各3車種がアンロックされている。
それ以外にカテゴリーAで改造済み調整不可の隠しカーが2種類、出現条件はトロフィーの賭けレース(もしくはクリア後)。
車種はほとんどがFR車で次に多いのがMR車、FFと4WDは少ない。
カテゴリー毎に駆動形式で分類すると、内訳は以下のとおり。
カテゴリーA(FR=9|MR=4|4WD=1|FF=0)
カテゴリーB(FR=9|MR=2|4WD=1|FF=2)
カテゴリーC(FR=6|MR=3|4WD=0|FF=3)

車とグレードアップ用パーツの購入はショップで行い、パーツの購入によりセッティング(微調整)が可能に。
ブースト加速力と持続時間が向上するニトロを使用可能にすると上手く使えば大幅にタイムが向上する、GPではレース開始時に3回分が使用可能でピットイン(TAは不可)毎に自動で3つ補充される。
因みにピットでは頼まなくても勝手にタイヤ交換しているが効果は不明。笑
セッティングの成果はバーグラフで視認が可能、スペック表記は排気量/車重ともに改造しても変化なし。
改造パーツは共有不可、タイヤ(レイン/ダート/スノー)も購入時の車専用なので無駄遣い注意。
それと新たな車を購入した時点で自動的に無改造状態の新車がエントリー車に変更され、それまでのエントリー車はガレージ行きになっているのも要注意…駆動方式や車重などで微妙に操作性が変わり、気付かないままGPエントリーすると若干イラッとする。

F1のHAYABUSAはトロフィーでは出現せず、QRやTA限定で「CRITICAL SPEED CIRCUIT」のみ選択可能(エディットコースでも可)。
ただしセッティングは不可、それとデフォルトのカメラ位置がノーズ視点になる(キャラの後頭部は映らない)。

【DRIVER DATA】(トロフィー内のステータス画面)
キャラの詳細情報の横に表示される日数はレース回数、ただし予選日も含まれるので予選に出なくても1レースで2日が経過する(賭けレースは1日)。
この日数経過は、全GPクリア後も最大254日までカウントされる。
中段の経験値はレース優勝やメールで誘われるプライベート・レースに参加すると獲得、Power/Guts/Techniqueの3項目×各5点でMAX。
下段の相性(Affinity)は5段階で、選択している車体の走行距離に比例する。
走行距離が0kmならDで最高はS、走行距離はガレージで確認可能。
0〜100kmはD、100〜200kmがC、200kmからB、400kmからA、600km以上がS、と思われる。
予選にも出走すればコース距離X4、本選のみだとコース距離X3が四捨五入でエントリー車の走行距離に加算されていく。
0
    | game | 2012.03.02 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top