おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近みたゲーム | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
木割大雄「南のくにに雪だるま」

琉球舞踊家がアイヌの踊りに惚れ込んで共演を叶えるまでの、1年弱の舞台裏に関わった著者によるドキュメンタリー…といいますか、覚え書きをまとめて'96年に刊行された本です。

'92年って、思えば今年の新成人が生まれた年なんですね…先住民の国際年が決議され、NHK大河ドラマが琉球王国を取り上げたりしたそうですが僕の記憶にはありません。
本書が出版された少し後くらいの時期に僕は初めてアイヌのステージを観ており、そういやディジェリドゥを聴いたのも同じステージだったような…友人からジェンベを貰ったり喜納昌吉のイベントに行ったりしたのも同じ時期でしたね(ジャミロクワイがデビューした影響は大きかったなぁ)。

でも本書を読むと、まだ'92年当時はアイヌへの偏見や蔑視を悪気なく口にする時代だったのですね…同じシャモとしてヤマトンチュとして、ショックだったし悲しくなりました。
そういう世代を非難はしませんが、彼らの享受した国策や教育と同根の問題が年金破綻でもある訳で。「考えれば判るだろ」っていう。

著者は著述業が本職ではないので、所々で文章に緩慢さや冗長さを感じるでしょう…個人的には60年代リベラルっぽい感覚への違和感も少々ありましたが、それでも真面目で不器用で力強い人柄がにじむ温かな文章だと思うのです。
今は亡き萱野氏についても、アイヌ文化や琉球文化に関しても詳しくはありませんが…この“いちゃりばちょーでー(出会えば兄弟)”があって、僕は僕の'96年前後を体験できたような気が何となくするのです。

尼崎の朝鮮人の焼肉屋で、アイヌ人と琉球人とシャモが祝杯を挙げる…ベタすぎてドラマみたいな場面に、柄にもなく目頭を熱くしてしまいました。
それが(がんばろう)とか(絆)とかヘンな旗を掲げて目指すんじゃなく、心惹かれあって自然に生じた流れの成り行きだから美しいのだと思ったりします。

大きな石碑に残らない、かけがえのない無数の繋がりが支えたり動かしてゆくのが歴史の姿なんですね。
あと本書にも国立民族学博物館(みんぱく)の人が出てきました、超脇役でしたけど。笑
それから出版時点で存続していた旧土人保護法ですが、やっと数年前に廃止された模様。


〈アイヌ〉関連記事:
【最近読んだ本】別冊太陽「先住民アイヌ民族」| 2007.08.15
【最近読んだ本】原田詠志斗「アイヌの治造」| 2008.09.12
【最近聴いたCD】オキ「ノーワンズ・ランド」| 2010.08.19
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」1巻| 2011.08.08
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」2巻| 2011.08.11
【最近読んだ本】「AINU ART ― 風のかたりべ」| 2013.11.02
【最近読んだマンガ】野田サトル「ゴールデンカムイ」1巻| 2016.11.12
【最近読んだ本】熊谷達也「ウエンカムイの爪」| 2017.10.08

関連記事:
【最近読んだ本】岡本敏子(編)「岡本太郎の沖縄」| 2009.01.28
【最近聴いたCD】中田悟「中田悟 自然音シリーズ 伝説の島 沖縄」 | 2011.09.06

関連リンク
「ドキュメンタリー映画「カムイと生きる」」「アイヌの治造」が原案となった映画(公式HP)
0
    | books | 2012.03.04 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top