ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
田口ランディ「ドリームタイム」

タイトルを見て(オーストラリアに行ったんだ)と思いましたよ、ドリームタイムと言えばアボリジニだし著者はパワースポット系の旅行とか好きそうな気がしてたから…でも本書に収められた13編にオーストラリアは関係ありません、メキシコ絡みと沖縄の話がそれぞれ幾つかある程度。
各話の関連性もなくて、時たま(沖縄の風水師フーチバさん)が出てくる位で。

全体的に夜の静寂を感じるオカルティックな傾向のストーリーが多いです。
バリを舞台にした著作を読んで(シャーマンの世界観を間違いなく理解してる)と感じて驚きましたが、それを言語化して物語に集約する才能が過小評価されている気がしてなりません。

本書が単行本として出たのは'05年で、個別の初出は不明なのですが「トイレの神様」は一時話題となったフォークソングより古い筈です(世間はあの歌の何に感動したんでしょう?)。
「読書」はサリン事件の故・林被告の手記を読む女性を描いてカルト信者の幼稚な思考を叩き斬る異色の作品で、こういう切り口でも小説として成立する意外さが新鮮でもありました。
「指」の謎には、昔の芸妓が惚れた相手に真の情を表す云々とか隠れキリシタンの踏み絵に絡む逸話と関連あるのかなと思ったり。
「繭のシールド」で語られた、和服の霊障バリア効果は勉強になりました。
そして何といっても印象的だったのは、久高島にアイヌの祖霊を詣でる「ウタキの青い蝶」です。
ちょうど「南のくにに雪だるま」を読み終えたタイミングなだけに、一段と静かな気持ちになりました…思わず実感ドリームタイム


追記:セスといういわゆるチャネリング系の人格が、シャーマンの世界観を肯定し西洋医学に批判的な発言をしていたので自分用メモとして無断でリンク張っときます→「セス・ネットワーク・ジャパン」の記事「白衣を着た呪術師」


関連記事:
【最近読んだ本】田口ランディ「7days in BALI」| 2008.04.03
【最近読んだ本】田口ランディ+AKIRA「オラ!メヒコ」| 2012.05.06
0
    | books | 2012.03.07 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top