ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
村上春樹「アフターダーク」

以前に単行本で読んだが、今回は文庫本での再読。
前回は単に読み物として楽しんだ気がするが、読み返してみて“村上春樹流ハードボイルドの完成形”といった感じがした。
科白よりト書きが多い台本のような、シネマティックな文体によって読者は登場人物と感情を共有するという一般的な小説の読書形式を拒絶される。
物語への没入ではなく、読者はベールの向こうで展開される群像劇を傍観する。
彼らの内面や心理への言及はなく、記述された外的要素によって状況を認識する…供述書のように。

出来事は繁華街の深夜に始まって終わる、だがタイトルは「アフター・ミッドナイト」ではなかった。
中盤で挿入される、深海に棲むタコの喩え…時には国家であり時には法律でもある、巨大な生物。
それは僕が「ゴーレム」と呼んでいた、時には企業であり時には暴徒でもある集団の最大公約数(あるいは最小公倍数)的な意識存在の異なる側面。
それは本能的にエネルギーを摂取して成長する巨大生物のような集合体、故に善悪やモラルなど通じないのだと僕はかつて考えた。
その集団意識ゴーレムの暴力的な側面が顕著に表れる、国家や裁判といった制度を著者は深海のタコに例えたのだと僕は思った。

メディアのベール越しに彼岸の出来事として無表情で流し見ている、まるで眠れる美女のように外界を遮断して生きている時間は…闇の奥でなく、外でもなく“闇の後”と題された本書を読んで感じ取れるものはまだあるに違いない。
ある夜ふいにベッドごと見知らぬ部屋で目覚めるのは彼女だけの可能性ではないのだが、誰もが“観念的な視点”をも眠れる美女のように意識せず時間に流されて生きているのだろう。

繰り返し読むに値する物語に出会える事も、真なる幸福の一つだと僕は思った。


〈村上春樹〉関連記事:
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウイスキーであったなら」| 2007.10.24
【最近読んだ本】村上春樹「またたび浴びたタマ」| 2008.02.15
【最近読んだ本】素樹 文生「回転木馬のデッド・ヒートRMX」| 2008.02.29
【最近読んだ本】村上春樹「うさぎおいしーフランス人」| 2009.02.21
【最近読んだ本】村上春樹「東京奇譚集」| 2009.03.08
【最近読んだ本】村上春樹「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」(再読)| 2009.06.05
【最近読んだ本】村上春樹「約束された場所で」| 2009.07.17
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」上巻| 2010.08.02
【最近読んだ本】村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」下巻| 2010.08.05
【最近読んだ本】村上春樹「意味がなければスイングはない」| 2010.11.16
【最近読んだ本】村上春樹「めくらやなぎと眠る女」| 2011.07.04
【最近読んだ本】村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」| 2011.07.19
【最近読んだ本】村上春樹「はじめての文学」| 2012.07.16
【最近読んだ本】松村映三 plus 村上春樹「辺境・近境 写真篇」| 2014.12.30
【最近読んだ本】クリス・ヴァン・オールズバーグ(絵と文)「ベンの見た夢」| 2015.07.14
【最近読んだ本】村上春樹「女のいない男たち」| 2016.01.01
【最近読んだ本】グレイス・ベイリー「最後の瞬間のすごく大きな変化」| 2016.04.10
【最近読んだ本】ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」| 2017.04.15
0
    | books | 2012.03.10 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top