おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近やったゲーム | main | 最近行ったところ >>
最近読んだ本
ジーン・A・エリス(著)、森秀樹(監修)、国分寺翻訳研究会(訳)「オーストラリア・アボリジニの伝説・・・・・ドリームタイム・・・・・」

最初にお断りしておきますが、本書は決して先日の田口ランディ「ドリームタイム」とは関係ありません。
あれをツレから借りる前から本書は図書館から借りてあったし、あれを借りる時も本書の事はまるで頭にありませんでした…ってどうでもいい話ですね、それに何だか分かりにくいし。笑

内容は、著者の収集したオーストラリア先住民の伝承を記した2冊から選りすぐり1冊に再編集したもの。
どうやら国分寺市の姉妹都市であるマリオン市との交流で監修者が原著を託され、それを自身が主宰する勉強会の講習者8名が協同して訳出したようです。
いうなれば素人が手分けして訳したものですが、文章にぎこちなさや違和感はまったくありません。

個人的にアボリジニのドリームタイムを知ったのは中沢新一の著作で、世界各地の文化で描かれるシンボルを調べていた時期でした…それからジャミロクワイがディジェリドゥーを使ってアボリジニの知名度が上がり、彼らの聖地が日本向け原子力燃料の採掘で汚染され続けているのを水木しげるの旅行記で知ったのでした。
あの頃は、アメリカの肝煎りで原子力ビジネスを国策として推進していた日本を方向転換させるのは不可能だと諦めていました。
でも今なら、ひょっとして…そんな期待をしてしまうのも、不謹慎でしょうか?

本書で「火の魔術」として語られる、消えない火を授かった男の伝承が示唆的です…それが破壊的な目的で奪われそうになった時、男は各地を旅して小分けにした火を隠したのでした。
まるで「第十の予言」で描かれた、ボルテックスを巡る物語のようでもあり。
エネルギー事業の一社独占が続く日本の在り方も、ちょっと考えさせられました。


関連記事:
【最近読んだ本】『科学朝日』編「モンゴロイドの道」| 2012.11.04
【最近読んだ本】松村一男「この世界のはじまりの物語」| 2013.02.26
0
    | books | 2012.03.19 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top