おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
辛酸なめ子「霊道紀行」

「紀行」と題されてはいるものの、パワースポット巡礼記などではありません。
スピリチュアルな切り口からの(私的日常茶飯事2010)ってところですが、著者自身はヒーラーでもチャネラーでもエクソシストでもない単なるヘタウマ絵描き兼エッセイストですから。

しかし想像してたような凡百スピリチュアル・エッセイとは異なる、独特なスタンスがなんとも絶妙で。
ファッション雑誌で読んだ持田香織の慎重かつ巧妙な文章が醸し出す“全方位に敵を作らぬ愛らしさ”を思い出すほど、著者の視点もまた“スピリチュアル否定派と肯定派の双方からタゲられない”という類い稀なる間隙を衝いています。
どことなくヘラヘラと小馬鹿にした調子を匂わせつつ、日々グッズを身に付けたり助言に従って行動したりと抹香臭く振り回されてる…本気なのかナメてるのか、どうとでも取れますし。
それ系の取材や対談の度に“なんちゃって霊感”アピりまくり、いかにも「今日の占い」レベルのスピ女を気取ってみたりね。

ひょっとしたら後世、江原ブーム以降のトレンドやアラサー必修項目「バカスピ」と周辺業界を研究する人々の新世紀風俗資料として大いに貢献するかも。笑
オーブ、霊視、前世、オーラ、霊障、パワーストーン、憑依、祖霊、動物霊、アセンションヘミシンク、果ては霊能ドラマやドッペルまで裾野が広がるスピ・ワールドとニュービジネス…どこまで行っても本質的な域へは踏み込まない関心の薄さ、達観しながら渦中で踊る姿は共感という女子力の副産物だったりして?

“男性はスピ嫌いだから”という点は、棚上げと損得勘定とゴシップ趣味の性根が見透かされてるだけかと…でもまぁ、変わり者より普通の人が好かれるのは男女問わず世の常ですな。笑
0
    | books | 2012.03.25 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top