ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近読んだマンガ >>
最近聴いたCD
デレク・トラックス・バンド「オールレディ・フリー」

確かクラプトン絡みで名前を聞いた気がして(デレク&ザ・ドミノスの残党か)と勝手に納得してたけど、解説書にはオールマン・ブラザーズの話しか出てこなかったので違うのかな?(←Wikipedia情報によると“オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・メンバーであるブッチ・トラックスの甥”で“名前「デレク」は、デュアン・オールマンが参加したクラプトンのバンド、デレク・アンド・ザ・ドミノスから取られている”そうです)

まぁ残党とか書いたものの、あのバンドに関しては殆ど知らないんだよなぁ。
そもそもクラプトンは古いベストと「レプタイル」位しか聴いてないし、クリーム時代のも多分ベストを聴いた事がある程度だったりして大して興味ないので。
というか自分より上の世代が崇拝したミュージシャンは基本スルーなのでね、ビートルズもストーンズも。
その中にT・レックスとかビーチ・ボーイズとか、ビー・ジーズとかドアーズの名を挙げる上の人がいなくて本当に良かったと思うよ!笑

話を戻して本作、'09年リリースでボートラ2曲入りの全14曲。
ギターの音はスワンプだかサザン・ロックっぽくて、なんだか「レイラ」頃のクラプトン…と言ってしまうと身も蓋もないですが、ブルーズ色の強い曲と相まって非常に気持ち好いです。
特にデレク・トラックスの、SRVよりはクリス・レアに近い感じのハスキーな声が個人的には堪らん!
(↑ボーカルは彼じゃないんでした、失礼!)
彼の赤いギブソンSGに書き込まれたサインはクラプトンだけでなく、ウィリー・ネルソン、ジョニー・ウィンター、アラン・トゥーサンヒューバート・サムリン(ハウリン・ウルフ)ロン・カーターコーネル・デュプリーボニー・レイット、JJケール、マッコイ・タイナーロイ・ヘインズ、レス・ポール他、彼の音楽性と活動履歴を充分に物語ってます。

結構な割合のカバー曲ですが元は全然分かりません、でも古臭くも新しくもなく完結してるアルバムです。
インド楽器のマッチングが不思議なスパイスとなって、ブルーズ系にありがちな単調さは全くありません。
本作を聴いていて(オーガニックな音ってマーケティングに染まってない音楽じゃないか)と思いました、なんとも心地好いのです。


補足:現在は奥さんのバンドと合併・再編成で「テデスキ・トラックス・バンド」だそうです。
それとデレクは基本ボトルネック弾きで、オープン・チューニングでしか弾けないとも…かっこいいなぁ。


〈ブルース〉関連記事:
【最近聴いたCD】村上“ポンタ”秀一&近藤房之助「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」| 2009.02.24
【最近聴いたCD】カルロス・ジョンスン「極限! ブルース・ギター 〜 白熱のシカゴ・ライヴ」| 2009.11.29
【最近聴いたCD】V.A.「アリゲーター20周年ライブ」| 2009.12.27
【最近聴いたCD】ブッカー・T & ザ・MGズ「メルティング・ポット」| 2010.11.21
【最近聴いたCD】JOHN OATES「Mississippi Mile」| 2011.12.21
【最近聴いたCD】ボー・ディドリー、ジョン・リー・フッカー他「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【最近聴いたCD】TEDESCHI TRUCKS BAND「Revelator」| 2012.05.13
【最近聴いたCD】V.A.「Not The Same Old Blues Crap II」| 2013.08.14
【最近聴いたCD】STEVIE RAY VAUGHAN & DOUBLE TROUBLE「Live Alive」| 2013.10.047
【最近聴いたCD】THE JEFF HEALEY BAND「COVER TO COVER」| 2015.01.07
【最近みたDVD】「The Blues Brothers」| 2017.08.08
【最近みたDVD】「The Stories Behind the Making of The Blues Brothers」
| 2017.08.11



以下の動画は、携帯からではご覧いただけません(多分)。

『the Derek Truck Band - our love - (7 of 12)』(どブルーズからブギーなどばかりでなく、こういう爽やかな曲もあるのです。それにしても艶やかな音だよなぁ、音そのものに痺れるってアンガスとSRV以来です;Sound Only)


『Derek Trucks - "Layla/Jam" July 4th 1993』(僅か13歳のあどけない少年が、オールマン・ブラザーズ・バンドを従えて「レイラ」の泣かせソロからボトルネック揺らしまくりでブルーズ・ギターのバトルへというね、しかも照れくさいのか演奏後の素っ気無さが可愛いです)
0
    | music | 2012.04.04 Wednesday | comments(2) | trackbacks(0) |
    いやはやこれも「かっこよきゃあ好いんだよ」サウンドでした。
    ぼくも初めデレクドミノス絡みと思ったけれど、
    昔々しているだけの音でもないよなと確認したら、
    最近の方のようでうれしさ半分おどろき半分な感じでした。
    なかなか気に入ってファーストも借りて聴いたところ、
    も少しスゥイングしている感もありそれはそれでなかなかよろしく。
    | m | 2012/04/04 11:08 AM |
    コメントありがとうございます。
    そうなんですよね、もっと故SRVみたいなブルーズなのかと思ってましたが、本作に関しては一概にそうでもない感じでした。
    例えばアップデートされたブルーズみたいな感じではなく…って、カテゴリーで語るのも意味がないような。

    個人的には風通しが好くなるような、ちょっとイイ気分にさせてくれる音です。
    | tom | 2012/04/07 12:43 AM |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top