ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだ本
かんべむさし「トロッコ」

出版文芸社「ふしぎ文学館」の一冊で、同シリーズは以前に梶尾真治なども読んでます。

著者の名は豊田有恒や横田順彌などと同時に知ったと記憶しています、SFのアンソロジーで面白かった作家を片っ端から読んでいた'80年前後ですかね…じきに小松左京星新一筒井康隆に好きな作家が絞られていったのですけども。
あの頃夢中だったルパン三世(赤ジャケ)に登場した特異な飛行機との関連で「笑撃空母アルバトロス」という作品名は印象強いのですが、その内容は(まったく無関係だった)としか覚えておらず…全般的な作風としてもヨコジュンのハチャハチャ系と混同してしまっていて自信ないですが、本書に収録されたようなアバンギャルドさが特徴的だったようにも思います。

標題となったトロッコ三部作の、掛け合い漫才みたいな対話だけで展開するシュールさと奇妙なイメージ喚起力は懐かしい感じです。
ほとんどが未読の短編でしたが、今となっては懐かしいハナモゲラ調の実験的作品はもはや冗漫な言葉遊びが苦痛になり所々で飛ばし読みしてしまいました。
巻末の著書リストによると、本書が出版された'94年時点も作品は発表されているようですね…ただし'76年のデビューから80年代前半を過ぎると刊行ペースが落ち、本書に収録されているのも勢いのあった初期のものばかりです。

本書で物語として突出しているのは、星雲賞受賞作「サイコロ特攻隊」のショート・バージョンです。
数年後に高まる海外からのバッシングを予見した一種のシミュレーションSFで、村上ファンド以降の何事も市場原理で割り切る発想を先取した経済論的な戦争の立案はゾッとしました。
デビュー前の著書は商社マンだったのでしょうか、まるで現在の中国を批判できない海外投資の様子が示唆されていて興味深いです。
30年以上昔の作品ですが、この情報統制とシビリアン・コントロールの手法は今でも世論を一気に右傾化できそうで恐ろしいな…。
0
    | books | 2012.04.18 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top