ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近読んだ本 >>
最近読んだマンガ
安野モヨコ(著)、リチャード・バーガー(訳)「オチビサン」3巻

紅白しましま正ちゃん帽のオチビ、黒毛むくむく犬のナゼニ、薄茶むくむく犬のパン食いが織り成す豆粒町の四季折々。
今回も1年分、草木や夜月を愛でて過ごす日々が描かれております。
他愛ないようで、実生活では今や失われてしまった営みの気配がここには息づいております。

今時の若者は、きっと本作を(昭和)とか(レトロ)といった言葉で語るのでしょうな、それもまぁ間違いではありませんが。
思えば昭和も後半は現在と地続きというか、生活ぶりは今と大差ないんですけれど…だから今の子は「昭和」といえば高度成長前の西岸良平的な「三丁目の夕日」の情景を思い描いて読む訳です、本作では電気がほとんど存在してなかったりしますし。
しかし電気が存在しなくとも、実は案外に困らないのかも…と思わせてくれるオチビたち、ひょっとしたら善き未来の手本を見せてくれているやもしれません。

ちなみに併載されてる英語バージョンですが、どうやら掲載紙の国際版に載っていたものらしいです。
考えてみると子供から年寄りまで楽しめて、更に日本文化を交えて描くという縛りは非常に厳しいよなぁ。
でも三谷某だったかが「アイデアに詰まった時は逆に縛りを増やした方が面白く書ける」とか言ってたような気もします、もともと著者って動きのあるコマが描けなかった印象があるのだけど(「ベイビーG」ね)コマ毎のイラスト的なセンスはあったので楽しく描いてそうな気はします。


前巻

次巻


関連記事:【最近読んだマンガ】安野モヨコ「監督不行届」| 2011.08.26
0
    | comic | 2012.04.20 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top